電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-12 09:30
TDOAを用いたADS-B位置検証における遅延の考慮
長縄潤一宮崎裕己電子航法研SANE2018-44
抄録 (和) 新しい航空機監視システムであるADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Broadcast) は,航空機が自らの位置を定期的に放送する仕組みにより,より高精度な位置情報を提供できる.
しかしながら,成りすましや機上装置異常による不正な位置情報への対処が課題となっている.
これに対して,信号の到達時刻差(TDOA: Time Difference of Arrival)に基づく位置検証が有効だと考えられるが,実際の導入に向けては性能や特性を十分に明らかにする必要がある.
そのため,筆者らは,検出率や誤検出率といった位置検証性能の理論的な解析を進めている.
その一環として,本稿では,航空機が自らの位置を測位してから放送するまでの遅延の影響を検討する.
まず,遅延を含んだ形で検出率および誤検出率を導出し,遅延が無い場合と比較して誤検出率が変化することを示す.この遅延の影響は航空機進行方向とTDOAの示す双曲線の位置関係により変化する.
そして,理論式の応用として,現実的に得られるパラメータを基に所望の誤検出率を達成する検出しきい値が設定できることや検出率が概算できることを示す. 
(英) ADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Broadcast) is one of the next generation aeronautical surveillance systems.
ADS-B requires aircraft to periodically broadcast their own GPS positions, thereby providing accurate aircraft positions.
However, ADS-B is susceptible to false aircraft information injected by malicious users or generated by avionics failures.
A promising countermeasure for this problem is position verification using TDOA (Time Difference Of Arrival), but its performance and characteristic should be carefully investigated before deployment.
Therefore, the authors have conducted theoretical investigation on the position verification performance such as probability of detection and probability of false alarm.
In this technical report, the effect of ADS-B latency, the time difference between the localization and broadcast, on the position verification performance is discussed.
The position verification performance is theoretically derived under the effect of the latency.
It is shown that probability of false alarm changes depending on the aircraft traveling direction and the hyperbola given by TDOA.
Then, applications of the derived formulas are presented such as estimation of probability of detection and determination of a detection threshold that achieves desired probability of false alarm with practical parameter estimations.
キーワード (和) 航空機監視システム / 放送型自動従属監視 / 広域マルチラテレーション / モードS / 位置検証 / / /  
(英) Aeronautical surveillance systems / Automatic Dependent Surveillance - Broadcast / Wide Area Multilateration / Mode S / Position verification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 239, SANE2018-44, pp. 1-6, 2018年10月.
資料番号 SANE2018-44 
発行日 2018-10-05 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2018-44

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-10-12 - 2018-10-12 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) レーダ信号処理,リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDOAを用いたADS-B位置検証における遅延の考慮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considering Latency in TDOA-based ADS-B Position Verification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 航空機監視システム / Aeronautical surveillance systems  
キーワード(2)(和/英) 放送型自動従属監視 / Automatic Dependent Surveillance - Broadcast  
キーワード(3)(和/英) 広域マルチラテレーション / Wide Area Multilateration  
キーワード(4)(和/英) モードS / Mode S  
キーワード(5)(和/英) 位置検証 / Position verification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長縄 潤一 / Junichi Naganawa / ナガナワ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 裕己 / Hiromi Miyazaki / ミヤザキ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-12 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-44 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2018-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会