電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-12 09:30
歩容による推定年齢と健康年齢に関する考察
阪田篤哉西川博文武村紀子槇原 靖村松大吾八木康史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 日本の高齢化とともに平均寿命はますます延びると試算されており,
介護や支援に必要な社会保障・医療コストの増加が大きな社会課題となりつつある.
本課題への対策として,健康寿命の延伸による上記コスト削減が考えられる.
健康寿命の延伸には自身の健康状態の把握が重要であり,健康指標はその有効な手段といえる.
本稿では,健康指標として健康診断結果から算出可能な健康年齢と,歩容により推定される年齢,即ち歩容年齢との関係について分析する.
歩容年齢は,大量のデータで学習された人物の体型や歩き方に基づく実年齢推定器により得られるが,その人物の健康状態を反映した年齢を算出する可能性がある.
そこで,被験者実験により歩行データと健康年齢を収集し,歩容年齢の実年齢からの乖離と,健康年齢の実年齢からの乖離との関係を解析することで,
歩容年齢,健康年齢および実年齢の関連性を議論する.
解析の結果,おおよそのデータに対して人物の歩き方と健康状態に関連がある可能性を示した. 
(英) In this paper, we analyze the relation between the health age, that can be calculated from the health check result, and the age estimated by gait feature.
Gait-based actual age estimation is based on the body shape and walking method of a person, so
it has a possibility to calculate an age reflecting the health condition of a person.
We analyze the gait-based estimated age, that is, the gait age and the health age.
As a result of the relevance analysis, it showed the possibility that gait is related to health condition of the person.
キーワード (和) 歩容 / 年齢推定 / 健康年齢 / 畳み込みニューラルネットワーク / / / /  
(英) Gait / Age estimation / Helath age / Convolutional Neural Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 236, BioX2018-26, pp. 39-44, 2018年10月.
資料番号 BioX2018-26 
発行日 2018-10-04 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) 大濱信泉記念館 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2018-10-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩容による推定年齢と健康年齢に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Gait-based Age and Health Age 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩容 / Gait  
キーワード(2)(和/英) 年齢推定 / Age estimation  
キーワード(3)(和/英) 健康年齢 / Helath age  
キーワード(4)(和/英) 畳み込みニューラルネットワーク / Convolutional Neural Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 篤哉 / Atsuya Sakata / サカタ アツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 博文 / Hirofumi Nishikawa / ニシカワ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武村 紀子 / Noriko Takemura / タケムラ ノリコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 槇原 靖 / Yasushi Makihara / マキハラ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 大吾 / Daigo Muramatsu / ムラマツ ダイゴ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康史 / Yasushi Yagi / ヤギ ヤスシ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-12 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2018-26 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会