電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 15:40
仮名化された位置情報トレースが持つ情報量について
村上隆夫産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 位置情報プライバシーのリスクを定量的に評価するため,仮名化された位置情報のトレース(移動軌跡)から,個人を再識別する個人識別攻撃が従来より研究されている.個人識別攻撃の代表的なアルゴリズムとしては,マルコフモデルに基づくものが提案されており,攻撃者が大量の学習用トレースが入手可能なときに,仮名化トレースから50%以上といった高い精度で個人を一意に識別できることが示されている.一方,位置情報トレースに対する個人識別攻撃は,行動的特徴に基づく生体識別と捉えることができるが,指紋や顔などの生体識別との比較を通して,そのリスクを評価した研究は(著者の知る限り)存在しない.本稿では,個人識別リスクの直感的な理解を深めることを目的とし,Foursquare datasetを用いて仮名化トレースが持つBSE(Biometric System Entropy)を評価し,指紋・顔のBSEや,PIN番号が持つpassword entropyと比較する. 
(英) Re-identification attacks for pseudonymized location traces have been widely studied to understand the risk of location privacy. The re-identification attack for pseudonymized traces can be regarded as biometric identification based on behavioral characteristics of users. However, no studies have evaluated the risk of re-identification by comparing it with the performance of biometric identification such as fingerprint identification and face identification, to our knowledge. In this paper, for more intuitive understanding of the risk of re-identification, we evaluate the BSE (Biometric System Entropy) of pseudonymized traces using the Foursquare dataset, and compare it with the BSE of fingerprint and face and password entropy of PINs.
キーワード (和) 位置情報プライバシー / 仮名化トレース / BSE / KL情報量 / / / /  
(英) location privacy / pseudonymized trace / BSE / KL divergence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 236, BioX2018-22, pp. 19-23, 2018年10月.
資料番号 BioX2018-22 
発行日 2018-10-04 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) 大濱信泉記念館 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2018-10-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮名化された位置情報トレースが持つ情報量について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Information Gained from Pseudonymized Location Traces 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置情報プライバシー / location privacy  
キーワード(2)(和/英) 仮名化トレース / pseudonymized trace  
キーワード(3)(和/英) BSE / BSE  
キーワード(4)(和/英) KL情報量 / KL divergence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 隆夫 / Takao Murakami / ムラカミ タカオ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2018-22 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-BioX-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会