お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 14:00
[ポスター講演]注入同期法を用いた12 bit/s/Hz, 58.2 Tbit/s, 256 QAM-160 km CバンドWDM伝送
管 貴志葛西恵介吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大OFT2018-28
抄録 (和) 注入同期法は簡便な構成で伝送されてきたデータ信号と局発レーザ間の高精度な光位相同期を実現することができる。最近我々は本技術を用いて、42.3 Tbit/s, 235-ch WDM 64 QAM信号をC-bandを用いて160 km伝送することに成功している。本伝送における周波数利用効率は9 bit/s/Hzに達する。今回、本伝送にラマン増幅器を導入することで伝送後のデータ信号のOSNRを改善し、多値度を256値に増大することに成功した。この改善によって周波数利用効率を12 bit/s/Hzに向上し、C-bandを用いて58.2 Tbit/sの信号を160 km伝送することに成功したのでその結果を報告する。本報告の伝送容量は256 QAMを用いた伝送として最大である。 
(英) Injection locking can realize precise carrier-phase synchronization between the transmitted data and a local oscillator with simple receiver configuration. By using this scheme, we have recently demonstrated a 42.3 Tbit/s, 235-ch WDM 64 QAM-160 km C-band transmission with a spectral efficiency (SE) of 9 bit/s/Hz. In this work, by employing Raman amplifiers in our WDM transmission system, we were able to greatly improve the optical signal-to-noise ratio of transmitted data signals and thus succeeded in increasing the QAM multiplicity to 256. With this improvement, we could demonstrate a 58.2 Tbit/s, WDM coherent transmission over 160 km in the C-band with an SE as high as 12 bit/s/Hz. This constitutes the highest capacity yet reported for a 256 QAM WDM transmission.
キーワード (和) 波長分割多重 / デジタルコヒーレント光伝送 / 光注入同期 / / / / /  
(英) Wavelength division multiplexing / Digital coherent optical transmission / Injection locking / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 238, OFT2018-28, pp. 73-77, 2018年10月.
資料番号 OFT2018-28 
発行日 2018-10-04 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2018-28

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) 
開催地(英) Touhoku Univ. 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 注入同期法を用いた12 bit/s/Hz, 58.2 Tbit/s, 256 QAM-160 km CバンドWDM伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 12 bit/s/Hz, 58.2 Tbit/s, 256 QAM-160 km C-band WDM Transmission Using an Injection Locking Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波長分割多重 / Wavelength division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) デジタルコヒーレント光伝送 / Digital coherent optical transmission  
キーワード(3)(和/英) 光注入同期 / Injection locking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 管 貴志 / Takashi Kan / カン タカシ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛西 恵介 / Keisuke Kasai / カサイ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真人 / Masato Yoshida / ヨシダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣岡 俊彦 / Toshihiko Hirooka / ヒロオカ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 正隆 / Masataka Nakazawa / ナカザワ マサタカ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 14:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2018-28 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.73-77 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会