電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 15:20
多入力型ΔΣ変調を用いた高密度動電型乗算出力スピーカアレイによる波面の生成
薗部 健武岡成人静岡理工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 3次元音場を厳密に再生するには,対象となる周波数帯の半波長毎にスピーカを設置する必要がある。我々はこれに伴う膨大な配線という課題に対して,共通配線による駆動を可能とする多入力型ΔΣ変調(MIDS)を提案し,研究を進めている。MIDSは出力間の無相関化を目的として,入力の積に比例した出力を行うスピーカを前提としており,なおかつ密な配置が可能な構造が望ましい。本報では,乗算出力スピーカの構成として,静電型と動電型の2つの異なるスピーカ方式による手法の検討と,動電型に関しては制御点間隔を1cmとした400ch乗算出力スピーカアレイの試作実験について報告する。 
(英) It is known that in order to exactly reproduce the three-dimensional sound field, it is necessary to set a speaker for each half wavelength of the target frequency band. For the problem of enormous wiring with this, we have been studying MIDS, the individual driving method of multichannel speakers having common wiring lines. For decorrelation between outputs, MIDS is premised on speakers that output proportional to the product of inputs, and it is desirable to have a structure capable of high density placement. In this paper, as a constitution of a multiplication output speaker, we report about the methods of two different speaker methods such as electrostatic type and electrodynamic type, and regarding the electrostatic type, we report trial production of a 400ch speaker array with control point spacing of 1cm.
キーワード (和) スピーカアレイ / ΔΣ変調 / 超多チャンネル信号処理 / 1bit信号処理 / MIDS / / /  
(英) Loudspeaker Arrays / Delta-sigma Modulation / Super-multichannel Processing / 1bit Signal Processing / MIDS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 234, EA2018-56, pp. 13-19, 2018年10月.
資料番号 EA2018-56 
発行日 2018-10-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) いわき産業創造館(いわき市) 
開催地(英) Iwaki business Innovation Center (Iwaki) 
テーマ(和) 応用/電気音響,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多入力型ΔΣ変調を用いた高密度動電型乗算出力スピーカアレイによる波面の生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation of Wavefront by High Density Electro-dynamic Multiplication Output Loudspeaker Array Using Multiple Inputs Delta-sigma Modulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピーカアレイ / Loudspeaker Arrays  
キーワード(2)(和/英) ΔΣ変調 / Delta-sigma Modulation  
キーワード(3)(和/英) 超多チャンネル信号処理 / Super-multichannel Processing  
キーワード(4)(和/英) 1bit信号処理 / 1bit Signal Processing  
キーワード(5)(和/英) MIDS / MIDS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薗部 健 / Takeru Sonobe / ソノベ タケル
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Sizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武岡 成人 / Shigeto Takeoka / タケオカ シゲト
第2著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Sizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-56 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.13-19 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-EA-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会