お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 14:00
[ポスター講演]高非線形ファイバを用いたパルス圧縮及びNRZ-to-RZ波形変換の一括信号処理動作
寺師一輝横田 嶺來住直人電通大OFT2018-31
抄録 (和) WDMからOTDMへの多重化方式変換を行う際に必要となるNRZ波形からRZ波形への変換と多重度を高めて多くの情報を伝達できるパルス圧縮があるが,2つの光信号処理を一つの高非線形ファイバで一括動作させた.先行研究ではOOK信号のみでエラーフリーを達成していたが,本報告ではDPSK信号に注目した.結果,DPSK信号を用いてパルス圧縮及び波形変換する一括処理動作でエラーフリーを達成した. 
(英) Conversion from NRZ waveform to RZ waveform is necessary for multiplexing system conversion from WDM to OTDM. Pulse compression in such conversion can increase the multiplicity and transmit a lot of information.
These functions are performed all together with a single highly nonlinear fiber. In the previous study, we achieved error free only for OOK signal. In this research we focused onto the DPSK signal. As a result, error free was achieved by collective processing operation of pulse compression and waveform conversion using DPSK signal.
キーワード (和) 高非線形ファイバ / パルス圧縮 / 波形変換 / 差動位相変調 / 多重化変換 / / /  
(英) High nonlinear fiber / Pulse compression / Waveform conversion / DPSK / Multiplex conversion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 238, OFT2018-31, pp. 89-92, 2018年10月.
資料番号 OFT2018-31 
発行日 2018-10-04 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2018-31

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) 
開催地(英) Touhoku Univ. 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高非線形ファイバを用いたパルス圧縮及びNRZ-to-RZ波形変換の一括信号処理動作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Batch processing operation of pulse compression and NRZ-to-RZ waveform conversion using highly nonlinear fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高非線形ファイバ / High nonlinear fiber  
キーワード(2)(和/英) パルス圧縮 / Pulse compression  
キーワード(3)(和/英) 波形変換 / Waveform conversion  
キーワード(4)(和/英) 差動位相変調 / DPSK  
キーワード(5)(和/英) 多重化変換 / Multiplex conversion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺師 一輝 / Kazuki Terashi / テラシ カズキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 嶺 / Ryo Yokota / ヨコタ リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 來住 直人 / Naoto Kishi / キシ ナオト
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 14:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2018-31 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.89-92 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会