電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 14:00
[ポスター講演]9.7 bit/s/Hzの周波数利用効率を有する単一チャネル7.68 Tbit/s-150 km, 64 QAMコヒーレントナイキストパルス伝送
木村光佑新田純平吉田真人葛西恵介廣岡俊彦中沢正隆東北大OFT2018-27
抄録 (和) 我々は9.7 bit/s/Hzの周波数利用効率を有する単一チャネル7.68 Tbit/s - 150 kmコヒーレントナイキストパルス伝送に成功した。本研究では新たに、送・受信部においてモード同期ファイバレーザと高非線形ファイバを組み合わせ、高OSNRを有する1.39 psの光ナイキストパルスを生成している。また、送信部にて7.68 Tbit/s信号を生成する際、送信用パルス信号に対し2次分散を付与しパルス幅を広げた上で光増幅することにより光増幅器中で発生する非線形位相回転を低減している。受信部では、モード同期レーザの高次モードを用いた光位相同期回路により、LOナイキストパルスを送信データに対して同期させている。これらの改良により全てのトリビュータリに対して2×〖10〗^(-2)以下のBERを達成した。 
(英) We achieved a record capacity of 7.68 Tbit/s in a single channel coherent Nyquist pulse transmission over 150 km with a 9.7 bit/s/Hz spectral efficiency. In this scheme, a 1.39 ps optical Nyquist pulse with a high OSNR was generated by combining a mode-locked laser and a highly nonlinear fiber at both the transmitter and receiver. In addition, we suppressed a nonlinear phase rotation at an EDFA in the transmitter by broadening the pulse width with second-order dispersion and recompressed it to the original pulse width before a 150 km transmission link. At the receiver, a Nyquist LO pulse was synchronized to a transmitted OTDM data with an advanced optical phase-locked loop based on the higher harmonics of the mode-locked laser mode. By employing these improvements, we succeeded in a bit error rate below 2 x 10-2 for all the tributaries.
キーワード (和) 光ナイキストパルス / コヒーレント / 光時分割多重 / / / / /  
(英) Optical Nyquist pulse / Coherent / OTDM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 238, OFT2018-27, pp. 67-71, 2018年10月.
資料番号 OFT2018-27 
発行日 2018-10-04 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2018-27

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) 
開催地(英) Touhoku Univ. 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 9.7 bit/s/Hzの周波数利用効率を有する単一チャネル7.68 Tbit/s-150 km, 64 QAMコヒーレントナイキストパルス伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single-channel 7.68 Tbit/s, 64 QAM coherent Nyquist pulse transmission over 150 km with a spectral efficiency of 9.7 bit/s/Hz 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ナイキストパルス / Optical Nyquist pulse  
キーワード(2)(和/英) コヒーレント / Coherent  
キーワード(3)(和/英) 光時分割多重 / OTDM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光佑 / Kosuke Kimura / キムラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 純平 / Nitta Junpei / ニッタ ジュンペイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真人 / Masato Yoshida / ヨシダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛西 恵介 / Keisuke Kasai / カサイ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣岡 俊彦 / Toshiko Hirooka / ヒロオカ トシヒコ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 正隆 / Masataka Nakazawa / ナカザワ マサタカ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 14:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2018-27 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会