電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-11 16:00
[招待講演]アクティブノイズコントロールの最新動向 ~ バーチャルセンシングを中心に ~
梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではアクティブノイズコントロールの最新動向について,特にバーチャルセンシングを中心に紹介する.アクティブノイズコントロールは不快な騒音を音で制御する技術であり,信号処理,制御工学,音響工学,センサー工学などさまざまな要素技術の集合体である.したがって,これらすべての要素技術について深い知識と経験を有することが適切なアクティブノイズコントロールの実装には求められる.本稿ではアクティブノイズコントロールにおいて重要となる消音領域について言及するとともに,その消音領域を任意の場所に移動させることが可能なバーチャルセンシングについて解説する.そして,バーチャルセンシングを利用した応用例についても紹介する. 
(英) In this paper, recent trends on active noise control (ANC) are introduced, especially, virtual sensing techniques. Active noise control is one of noise reduction techniques and requires many variety of elemental technology such as signal processing, control theory, acoustic engineering, sensor technology and so on. Implementation of ANC to real-world applications requires deep knowledge and experiences on these elemental technology. This paper focuses on zone of quiet (ZoQ), which is one of important issues in ANC context and introduces virtual sensing techniques, which can move ZoQ to a desired location. Finally, some applications of virtual sensing techniques are also introduced.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / バーチャルセンシング / 消音領域 / / / / /  
(英) active noise control / virtual sensing / zone of quiet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 234, EA2018-57, pp. 21-26, 2018年10月.
資料番号 EA2018-57 
発行日 2018-10-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) いわき産業創造館(いわき市) 
開催地(英) Iwaki business Innovation Center (Iwaki) 
テーマ(和) 応用/電気音響,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブノイズコントロールの最新動向 
サブタイトル(和) バーチャルセンシングを中心に 
タイトル(英) Recent Trends on Active Noise Control 
サブタイトル(英) Mainly Virtual Sensing Techniques 
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) バーチャルセンシング / virtual sensing  
キーワード(3)(和/英) 消音領域 / zone of quiet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-11 16:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-57 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会