電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-04 14:35
多波長光音響イメージングによる皮下血腫評価に向けた基礎的検討
内本 陽浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 皮下組織のイメージングは,外傷による内出血,皮下血腫,静脈血栓症などの病態把握に有用である.そこで我々は,非侵襲かつ操作が簡便なハンドヘルド型光音響イメージング装置の皮下血腫評価への応用をめざし,血腫模擬試料を用いた検討を行った.その結果,光音響像において模擬血腫の形状が正確に描出され,開発した装置の血腫形態評価への応用可能性が確かめられた.また,複数波長を用いて計測を行い,異なる波長間で得られた光音響信号強度比により,血腫形成からの経過時間を反映するヘモグロビンとビリルビンの割合を算出できる可能性が確かめられ,開発した装置の血腫性状評価への応用可能性も実証した. 
(英) Visualizing subcutaneous tissue is useful to evaluate internal bleeding accompanied by trauma, subcutaneous hematoma and venous thrombosis. In this study, to verify the feasibility of non-invasive and ease of subcutaneous hematoma evaluation, phantom experiments were conducted. The shape of simulated hematoma samples was portrayed accurately in photoacoustic images. These results demonstrated the usefulness of our system for evaluating the morphology of subcutaneous hematoma. Furthermore, the same samples were measured using multiple wavelengths. Photoacoustic signal intensity ratio between two different wavelengths increases with increasing the bilirubin concentration in blood. These analyses demonstrated the usefulness of our system for evaluating the characterization of subcutaneous hematoma.
キーワード (和) 内出血 / 血腫 / 外傷 / ハンドヘルド型 / 光超音波イメージング / / /  
(英) internal bleeding / hematoma / trauma / handheld / optoacoustic imaging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 229, US2018-57, pp. 49-54, 2018年10月.
資料番号 US2018-57 
発行日 2018-09-27 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-10-04 - 2018-10-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(共催:東北大学電気通信研究所 超音波エレクトロニクス研究会、日本超音波医学会光超音波画像研究会、レーザー学会光音響イメージング技術専門委員会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多波長光音響イメージングによる皮下血腫評価に向けた基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental study for subcutaneous hematoma evaluation by multi-wavelength photoacoustic imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 内出血 / internal bleeding  
キーワード(2)(和/英) 血腫 / hematoma  
キーワード(3)(和/英) 外傷 / trauma  
キーワード(4)(和/英) ハンドヘルド型 / handheld  
キーワード(5)(和/英) 光超音波イメージング / optoacoustic imaging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内本 陽 / Yo Uchimoto / ウチモト ヨウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浪田 健 / Takeshi Namita / ナミタ タケシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 健悟 / Kengo Kondo / コンドウ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山川 誠 / Makoto Yamakawa / ヤマカワ マコト
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎名 毅 / Tsuyoshi Shiina / シイナ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-04 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-57 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2018-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会