電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-04 15:50
継続渡しスタイルの関数型プログラミング言語における分散処理の記述
井原 唯小島 渚島 和之広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまでの研究として,継続渡しスタイル(以下,CPS)のラムダ計算を簡潔に表現し,CPSのラムダ式の部分適用について合流性を満たす記法を提案した.
また,その記法に基づく関数型プログラミング言語を提案し,アクターモデルに基づく並行処理を実装した.
本稿では,提案言語における分散処理,および,その効率化に必要となる非同期処理の記述について述べる.
コールバックを用いて連続する非同期処理を記述するにはコールバックの連鎖が必要になる.
従来言語では,コールバックの連鎖が長くなるとコールバック地獄と呼ばれる複雑なプログラムになる.
コールバック地獄を避けるため,Promiseと呼ばれる仕組みが用いられている.
提案言語ではPromiseを用いるよりも簡潔に連続する非同期処理を記述できる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) Scheme / 関数型プログラミング言語 / 継続渡しスタイル / ラムダ計算 / アクターモデル / 非同期処理 / コールバック地獄 /  
(英) Scheme / Functional Programming Language / Continuation Passing Style / Lambda Calculus / Actor Model / Asynchronous Processing / Callback Hell /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 230, SS2018-21, pp. 19-24, 2018年10月.
資料番号 SS2018-21 
発行日 2018-09-27 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC SS  
開催期間 2018-10-04 - 2018-10-05 
開催地(和) 犬山国際観光センター「フロイデ」 
開催地(英) Inuyama City Kokusai-Kanko Center Freud 
テーマ(和) ソフトウェアシステムおよび一般 
テーマ(英) Software System etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-10-DC-SS 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 継続渡しスタイルの関数型プログラミング言語における分散処理の記述 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Scheme / Scheme  
キーワード(2)(和/英) 関数型プログラミング言語 / Functional Programming Language  
キーワード(3)(和/英) 継続渡しスタイル / Continuation Passing Style  
キーワード(4)(和/英) ラムダ計算 / Lambda Calculus  
キーワード(5)(和/英) アクターモデル / Actor Model  
キーワード(6)(和/英) 非同期処理 / Asynchronous Processing  
キーワード(7)(和/英) コールバック地獄 / Callback Hell  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井原 唯 / Yui Ihara / イハラ ユイ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 渚 / Nagisa Kojima / コジマ ナギサ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島 和之 / Kazuyuki Shima / シマ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-04 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-21,IEICE-DC2018-22 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.230(SS), no.231(DC) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2018-09-27,IEICE-DC-2018-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会