お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-03 13:30
有機金属分解(MOD)法によるTiO2分散型VOx薄膜の作製
ヴァン ニュ ハイ前田幸平防衛大)・河原正美佐村 剛高純度化学研)・立木 隆内田貴司防衛大CPM2018-37 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2018-37
抄録 (和) 広い温度範囲で動作する高感度なボロメータ検出素子の実現を目指し,MOD 法により Ti のモル比
(xm) を変化させて作製した TiO2-V2O5 プリカーサ薄膜を焼成して得られた薄膜の特性を評価した.プリカーサ薄膜
を酸素雰囲気中で焼成した薄膜を XPS で評価したところ,V2O5 中に TiO2 ナノ粒子が混在していることがわかり,
得られた薄膜は TiO2分散型の V2O5薄膜であった.xm = 10 %以上にすると薄膜表面にアナターゼ型の TiO2 による析
出物が現れた.さらに,同薄膜を Pa = 1.2 Pa の減圧下で熱還元焼成して得られた薄膜の R-T 特性は VO2(M)特有の
相転移特性を示し,xmが高くなるにつれて抵抗変化量ならびにヒステリシス温度幅が減少する傾向が得られた. 
(英) To realize a bolometer detector with a high responsivity operating in a wide temperature range, we fabricated thin
films by firing TiO2-V2O5 precursor films with changing the molar ratio of Ti/V (xm) by MOD. From the measurement of XRD
for the films obtained by firing the precursor films in O2 atmosphere, it was found that TiO2 nanoparticles were coexisted in
V2O5 and that the obtained films were TiO2-dispersed V2O5 films. Precipitates of TiO2 were observed on the surface of the film
for the xm higher than 10 %. Then, these films were thermally reduced by the heat treatment under a low pressure of 1.2 Pa. The
R-T characteristics of the films indicated the phase transition specified with VO2(M) and the resistance change and the hysteresis
loop width decreased with increasing xm.
キーワード (和) 有機金属分解法 / VO2薄膜 / TiO2分散型薄膜 / / / / /  
(英) MOD / VO2 thin films / TiO2-dispersed thin films / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 228, CPM2018-37, pp. 1-6, 2018年10月.
資料番号 CPM2018-37 
発行日 2018-09-26 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2018-37 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2018-37

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-10-03 - 2018-10-03 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 電子材料・光記録技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-10-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機金属分解(MOD)法によるTiO2分散型VOx薄膜の作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of TiO2-dispersed VOx thin films by MOD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機金属分解法 / MOD  
キーワード(2)(和/英) VO2薄膜 / VO2 thin films  
キーワード(3)(和/英) TiO2分散型薄膜 / TiO2-dispersed thin films  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴァン ニュ ハイ / Van Nhu Hai /
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幸平 / Kohei Maeda / マエダ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 正美 / Masami Kawahara / カワハラ マサミ
第3著者 所属(和/英) 高純度化学研究所 (略称: 高純度化学研)
Kojundo Chemical Labotary (略称: Kojundo Chemical Lab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐村 剛 / Tsuyoshi Samura / サムラ ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 高純度化学研究所 (略称: 高純度化学研)
Kojundo Chemical Labotary (略称: Kojundo Chemical Lab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 立木 隆 / Takashi Tachiki / タチキ タカシ
第5著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 貴司 / Takashi Uchida / ウチダ タカシ
第6著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-03 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2018-37 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2018-09-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会