お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-21 14:00
類似画像検索のための凝集型クラスタリングを用いたコードブック作成法
前田 啓和田俊和和歌山大PRMU2018-66 IBISML2018-43
抄録 (和) 類似画像検索は,画像の改竄や盗用のチェック,ランドマーク検出・認識などにも利用可能な応用範囲の広い技術である.類似画像検索では,画像の幾何的・光学的変化に頑健な局所特徴を用いて作成するBoFベクトルを用いた検索手法がよく用いられる.BoFベクトルを用いた画像検索では大規模な画像セットに対しても高速に検索できる一方で,コードブックの作り方によって検索精度が大きく変化するという問題がある.本報告では,「信号として大きく異なる局所特徴が一つのクラスタに含まれた場合に検索精度が低下する」と仮定し,このようなケースが起きにくいコードブックの作成方法を提案する.本報告では,凝集型クラスタリングの中でもクラスターサイズのばらつきが小さくなるWard法を用いることで大きなクラスタが発生する問題を緩和させる.また画像内の共通する物体から検出される局所特徴は,特徴空間内でも近く分布しているという性質に着目し,まず各画像内でのクラスタリングを行い,さらにそれらを融合するという段階的クラスタリングによってコードブックを作成する方法を提案する.実験を通して,本手法を用いた場合に検索精度が向上していることを確認する.既存手法とも精度比較を行い,本手法の有効性を示す. 
(英) Similar image retrieval can be applied to wide variety of applications including image forensic and landmark detection/recognition, and so on. Most of the methods employs nearest neighbor search among BoF vectors consisting of local image features. This approach has an advantage on scalability, but also have a drawback that the accuracy totally depends on the codebook. In this report, we assume that centers of big clusters consisting of varieties of local image features cause inaccurate retrieval. For solving this problem, we employ Ward’s method as a clustering algorithm, because it can generate almost uniform number of clusters. Also, we employ two-stage clustering, which merges clustering results for different images. This method is based on the observation that similar local image features are often involved in a single image. Through experiments, we confirmed our method can produce better retrieval accuracy than the methods proposed so far.
キーワード (和) 類似画像検索 / BoFベクトル / クラスタリング / Ward法 / / / /  
(英) Similar image retrieval / BoF vector / clustering / Ward's method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 219, PRMU2018-66, pp. 213-218, 2018年9月.
資料番号 PRMU2018-66 
発行日 2018-09-13 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2018-66 IBISML2018-43

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2018-09-20 - 2018-09-21 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 機械学習と実応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 類似画像検索のための凝集型クラスタリングを用いたコードブック作成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Codebook creation using agglomerative clustering for large scale image retrieval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 類似画像検索 / Similar image retrieval  
キーワード(2)(和/英) BoFベクトル / BoF vector  
キーワード(3)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(4)(和/英) Ward法 / Ward's method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 啓 / Kei Maeda / マエダ ケイ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 俊和 / Toshikazu Wada / ワダ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-21 14:00:00 
発表時間 10 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2018-66,IEICE-IBISML2018-43 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.219(PRMU), no.220(IBISML) 
ページ範囲 pp.213-218 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2018-09-13,IEICE-IBISML-2018-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会