電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-20 13:30
アレーアンテナを用いた生体向き推定法の評価
白木信之袁 之雄笹川 大本間尚樹岩手大)・中山武司飯塚翔一パナソニック
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近年,一人暮らしの高齢者数の増加に伴い,効率的かつ効果的な見守りシステムの需要が増加している.本稿では,高齢者見守りシステムとして被験者の詳細な状態を推定するため,マイクロ波を用いた生体向き推定法について述べる.本手法では,生体の周囲にアンテナを配置し,生体の反射波から呼吸や心拍等のバイタルサインを観測する.観測した信号は呼吸の影響により生体前面からの反射波が最も変動が大きくなるため,観測信号の変動量の評価法の1つであるプロミネンスを用いて最も変動量の大きいアンテナ方向を選出しその方向が生体正面であると推定する.3人の被験者による実験結果より,生体向きの角度推定誤差の中央値はそれぞれ${10.88}^circ$, ${26.38}^circ$, ${27.29}^circ$となり,事前情報を用いずに生体の向きを推定可能であることを明らかとした. 
(英) Recently,the number of eldery people liveing alone is increasing.
The demand for efficient and effective monitoring system has been increased.
In this paper, we present the estimation method of human body orientation using microwave.
Antennas are placed around the living body and vital signs such as breathing and heart beat are observed from the reflected wave from the living body.
Since the reflected waves from the front of living body have the greatest fluctuation due to the influence of respiration, the direction of the antenna with the largest fluctuation is selected and estimated as the direction of the front of the living body.
Based on the experimental results with three subjects, the median values of angular error of human orientation are ${10.88}^circ$, ${26.38}^circ$ and ${27.29}^circ$ and it is found that the human orientation can be estimated without using the prior information.
キーワード (和) MIMOレーダ / マイクロ波センサ / 生体向き推定 / / / / /  
(英) MIMO radar / human orientation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 217, AP2018-82, pp. 7-12, 2018年9月.
資料番号 AP2018-82 
発行日 2018-09-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2018-09-20 - 2018-09-21 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Tech 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,測定技術,一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレーアンテナを用いた生体向き推定法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Human Orientation Estimation Method Using Array Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOレーダ / MIMO radar  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波センサ / human orientation  
キーワード(3)(和/英) 生体向き推定 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 信之 / Nobuyuki Shiraki / シラキ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 袁 之雄 / Zhixiong Chen / エン ユキオ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 大 / Dai Sasakawa / ササカワ ダイ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 武司 / Takeshi Nakayama / ナカヤマ タケシ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 翔一 / Shoidhi Iizuka / イイヅカ ショウイチ
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-20 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-82 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会