お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-07 11:35
OpenFlowにおける経路切り替え時間を考慮したネットワーク制御手法の設計と実装
後谷浩輔高平寛之畑 美純Luis Guillen和泉 諭阿部 亨菅沼拓夫東北大NS2018-104
抄録 (和) 近年,企業や個人での通信の用途の多様化により通信への要求が頻繁に変化することから,通信機器の集中管理により様々な要求に対し柔軟に対応可能なOpenFlowが注目されている.しかし,ネットワークの障害やトポロジの変更により通信経路を切り替える際に,切り替え命令の送信時間やスイッチの処理時間等の影響で時間がかかり,通信サービスの遅延が発生することが懸念される.本稿では,OpenFlowにおける経路の切り替えに要するスイッチの処理時間を考慮することで,経路の切り替えを高速化する手法を提案し,その設計と実装について述べる. 
(英) Recently, communication demands often change due to the diverse ways in which companies and individuals communicate. Therefore, OpenFlow is attracting much attention since it can flexibly deal with varioustypes of communication requirements through centralized management of devices. However, whenever is necessary to change paths due to a network failure or a topology change, there is a delay in the service as processes, such as the transmission of the commands, switch processing time, and others, take time. In this paper, we describe the design and implementation of a method to accelerate the path switching that takes into account switches' processing time in OpenFlow.
キーワード (和) OpenFlow / 経路切り替え時間 / 経路制御 / / / / /  
(英) OpenFlow / Path switching time / Path control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 206, NS2018-104, pp. 95-100, 2018年9月.
資料番号 NS2018-104 
発行日 2018-08-30 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-104

研究会情報
研究会 IN NS CS NV  
開催期間 2018-09-06 - 2018-09-07 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、次世代・新世代・将来ネットワーク 、クラウド/データセンタネットワーク、SDN(OpenFlow等)・NFV、IPv6、機械学習のネットワーク適用、及び一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:7/13
- NV研究会:8/23
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session Management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future Networks, Cloud/Data Center Networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-09-IN-NS-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowにおける経路切り替え時間を考慮したネットワーク制御手法の設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Implementation of a Network Control Method Considering Route Switching Time for OpenFlow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) 経路切り替え時間 / Path switching time  
キーワード(3)(和/英) 経路制御 / Path control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後谷 浩輔 / Kosuke Gotani / ゴウタニ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高平 寛之 / Hiroyuki Takahira / タカヒラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 美純 / Misumi Hata / ハタ ミスミ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Luis Guillen / Luis Guillen /
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 諭 / Satoru Izumi / イズミ サトル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 亨 / Toru Abe / アベ トオル
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 拓夫 / Takuo Suganuma / スガヌマ タクオ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-07 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-104 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-08-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会