お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-07 17:05
仮想マシンを用いたフロー間対等二元受付制御における負荷特性解析
佐藤隼人宮田純子芝浦工大IN2018-41
抄録 (和) 帯域の異なる通信を同一網に収容する際,全ユーザの網収容により得られる満足を最大化(トータル呼損率を最小化)する新しい受付制御方式が提案され,理論式を用いて有効性を示されている.
一方で,実ネットワークにおいては,パケットの遅延やパケットロスなどによりネットワーク内で使用されている帯域(以下,収容済帯域)は時間的に変化する可能性がある.
しかし,既存受付制御における理論解析において,この収容済帯域は,実ネットワークにおいて起きうるパケットの遅延やロスによる影響を考慮せずに導出されている.
そこで,本研究では,仮想マシンを用いてパケットの遅延やパケットロスの影響を考慮した実スループットを収容済帯域として計測することで,パケット遅延やパケットロスが,
理論解析における収容済帯域に与える影響について調査を行った. 
(英) A new call admission control scheme that maximizes the the sum of users satisfaction obtained by accommodation (minimizing the total call loss probability) when the types of communication flows are two types of flows; narrowband flow and broadband flow. This CAC assumes that arriving flow get the same user satisfaction when the flow is accommodated in network.
This control parameter of CAC was derived by using queueing theory. Thus, some traffic parameters were used as the average value. To control the parameter, we need to set these average traffic parameters.
However, in a real network, these average traffic parameters may change due to packet delay or loss.
In this paper, we investigated the influence on the average traffic parameters between theoretical condition and real network condition. Moreover, we show that parameters of the number of flows and the accommodated bandwidth are different from theoretical condition.
キーワード (和) 受付制御 / QoS / 仮想マシン / / / / /  
(英) Admission Control / QoS / Virtual Machine / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 207, IN2018-41, pp. 113-118, 2018年9月.
資料番号 IN2018-41 
発行日 2018-08-30 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-41

研究会情報
研究会 IN NS CS NV  
開催期間 2018-09-06 - 2018-09-07 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、次世代・新世代・将来ネットワーク 、クラウド/データセンタネットワーク、SDN(OpenFlow等)・NFV、IPv6、機械学習のネットワーク適用、及び一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:7/13
- NV研究会:8/23
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session Management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future Networks, Cloud/Data Center Networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-09-IN-NS-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想マシンを用いたフロー間対等二元受付制御における負荷特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic load characteristics analysis of equality based flow admission control by using virtual machines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受付制御 / Admission Control  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) 仮想マシン / Virtual Machine  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 隼人 / Hayato Sato / サトウ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
shibaura institute of technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
shibaura institute of technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-07 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-41 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-08-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会