電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-07 09:30
ポータブルで拡張可能な自動車セキュリティ・テストベッドPASTAの開発
遠山 毅小熊 寿トヨタIT開発センター)・松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 外部のサーバや自動車同士で通信するコネクテッド技術や自動運転技術を搭載した自動車が急速に普及しており、自動車に搭載された高度な運転支援技術を狙ったサイバーセキュリティの脅威が現実的となっている。そのため、ドライバーが安心して利用できる自動車技術の普及に向けた、セキュリティ技術開発と評価が喫緊の課題である。現状では自動車のサイバーセキュリティを評価する共通のプラットフォームは存在しないため、企業や研究所は独自の環境を構築し、セキュリティ評価を行っている。しかし、独自の環境で行われた開発・研究であるために、結果の外的妥当性が低いことが実用化への問題点であった。この状況において我々は、誰もが自動車のセキュリティ技術を開発・評価できる、オープンかつ高い拡張性をもつ共通の環境が必要であると考えた。オープンかつ拡張性が高い仕様とは、ノンプロプライエタリ技術を利用することで、第三者が既存のサイバーセキュリティ対策を適用・検証可能であることを意味する。さらに、適用されたセキュリティ技術を容易に実装し、評価するためには、その挙動を可視化し、評価環境がポータブルとすることが重要であると考えた。本稿ではこれらの課題を考慮し、自動車のサイバーセキュリティの研究における共通のプラットフォームとなる可能性を持つ「可搬型高拡張性ポータブル自動車セキュリティ・テストベッド(PASTA)」を提案し、その応用例を示す。 
(英) For accelerating the development of sophisticated driving-assist technologies such as automated driving, securing vehicles against cyberattacks is challenging. To promote the development of security-measurement methods, a company’s electronic control unit (ECU) places tough restrictions on security analysis. In such circumstances, we need an environment that includes transparent ECUs with high adaptability. Ideally, anyone will be able to apply technology and evaluate that technology with ECUs. Simulating an actual vehicle through hardware is also required for assessing threats of cyberattacks. We need not only to provide an adaptable platform for developing measures for existing cybersecurity but also simulate any function in actual vehicles using white-box ECUs. In addition, to easily demonstrate and evaluate the applied security technique, it is important to make the environment portable. Considering these requirements, we propose the portable automotive security testbed with adaptability (PASTA) and give an example for evaluating it for proof of concept. PASTA has the possibility to contribute to a comprehensive development platform against vehicle cyberattacks.
キーワード (和) vehicular security / security evaluation / testbed / platform / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 212, ISEC2018-51, pp. 7-14, 2018年9月.
資料番号 ISEC2018-51 
発行日 2018-08-31 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2018-09-07 - 2018-09-07 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2018-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ポータブルで拡張可能な自動車セキュリティ・テストベッドPASTAの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Portable Automotive Security Testbed with Adaptability: PASTA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) vehicular security /  
キーワード(2)(和/英) security evaluation /  
キーワード(3)(和/英) testbed /  
キーワード(4)(和/英) platform /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠山 毅 / Tsuyoshi Toyama / トオヤマ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center Co., Ltd. (略称: TOYOTA-ITC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 寿 / Hisashi Oguma / オグマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center Co., Ltd. (略称: TOYOTA-ITC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-07 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2018-51 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.212 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2018-08-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会