電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-07 15:40
Sharable Emergency Packet Transport Network based on Carrier-collaboration in Disaster Recovery
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) For efficient post-disaster recovery, we investigate the approach for collaboration among carriers and a third-party organization to take advantage of widely distributed surviving network resources within the disaster area. Carriers can quickly recover the communication capability while satisfying the important traffic requirement (e.g., for victim relief) with further reduced recovery costs. We introduce and demonstrate an architecture design and a six-phase process for both the construction and control of the multicarrier-collaboration-based sharable emergency packet transport network. Experimental results validate that both carriers can benefit from the multicarrier-collaboration. More importantly, within the collaboration the confidential carrier topology information is strictly protected. 
(英) For efficient post-disaster recovery, we investigate the approach for collaboration among carriers and a third-party organization to take advantage of widely distributed surviving network resources within the disaster area. Carriers can quickly recover the communication capability while satisfying the important traffic requirement (e.g., for victim relief) with further reduced recovery costs. We introduce and demonstrate an architecture design and a six-phase process for both the construction and control of the multicarrier-collaboration-based sharable emergency packet transport network. Experimental results validate that both carriers can benefit from the multicarrier-collaboration. More importantly, within the collaboration the confidential carrier topology information is strictly protected.
キーワード (和) Carrier collaboration / Emergency packet transport network / Disaster recovery / / / / /  
(英) Carrier collaboration / Emergency packet transport network / Disaster recovery / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 208, CS2018-55, pp. 81-86, 2018年9月.
資料番号 CS2018-55 
発行日 2018-08-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS CS NV  
開催期間 2018-09-06 - 2018-09-07 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、次世代・新世代・将来ネットワーク 、クラウド/データセンタネットワーク、SDN(OpenFlow等)・NFV、IPv6、機械学習のネットワーク適用、及び一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:7/13
- NV研究会:8/23
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session Management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future Networks, Cloud/Data Center Networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-09-IN-NS-CS-NV 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sharable Emergency Packet Transport Network based on Carrier-collaboration in Disaster Recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Carrier collaboration / Carrier collaboration  
キーワード(2)(和/英) Emergency packet transport network / Emergency packet transport network  
キーワード(3)(和/英) Disaster recovery / Disaster recovery  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 蘇鋼 / Sugang Xu / ジョ ソコウ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉兼 昇 / Noboru Yoshikane / ヨシカネ ノボル
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白岩 雅輝 / Masaki Shiraiwa / シライワ マサキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡路 祥成 / Yoshinari Awaji / アワジ ヨシナリ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワタ ナオヤ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-07 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-55 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.208 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-08-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会