電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-06 15:15
試料槽を設けたテラヘルツ表面プラズモン共鳴導波路型センサの特性評価
吉原 啓柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2018-49
抄録 (和) 試料槽を設けたTHz帯における表面プラズモン共鳴(SPR)センサの特性を性能指数を用いることで定量的に評価する. まず, センシング部にInSbを用いた2次元センサを解析する. 試料を保持するために必要な試料槽が特性に及ぼす効果を評価する. 試料槽の屈折率が高いほど性能指数が悪化することを指摘する. 性能指数を改善するためには入出力導波路のコアの高さを低くすることが有効であることを示す. さらに, センシング部にInAsを用いたセンサを解析する. InAsを用いても, 入出力導波路のコアの高さを低くすることで性能指数を改善する効果があることを明示する. 
(英) Frequency responses of a terahertz surface plasmon resonance (SPR) waveguide sensor with an analyte container are quantitatively evaluated by a figure of merit (FoM). We investigate a two-dimensional sensor using InSb in the sensing section, in which the analyte container is adopted to hold an analyte. We evaluate the effect of adding the analyte container on the frequency response. It is pointed out that the FoM decreases as the refractive index of the analyte container increases. To improve the FoM, we reduce the core height of the input/output waveguide. We also analyze a sensor using InAs in the sensing section. It is shown that a reduced core height is effective in improving the FoM.
キーワード (和) 表面プラズモン共鳴 (SPR) センサ / 表面プラズモンポラリトン (SPP) / InSb / InAs / THz波 / 試料槽 / 有限差分時間領域 (FDTD) 法 / 性能指数  
(英) Surface plasmon resonance (SPR) sensor / Surface plasmon polariton (SPP) / Indium antimonide (InSb) / Indium arsenide (InAs) / Terahertz (THz) wave / Analyte container / Finite-difference time-domain (FDTD) method / Figure of merit (FoM)  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 209, EST2018-49, pp. 35-39, 2018年9月.
資料番号 EST2018-49 
発行日 2018-08-30 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2018-49

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2018-09-06 - 2018-09-07 
開催地(和) 久米島イーフ情報プラザ(沖縄県久米島町) 
開催地(英) Kumejima-machi, Okinawa 
テーマ(和) シミュレーション技術,一般 
テーマ(英) Simulation techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2018-09-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 試料槽を設けたテラヘルツ表面プラズモン共鳴導波路型センサの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the characteristics of a terahertz SPR waveguide sensor with an analyte container 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面プラズモン共鳴 (SPR) センサ / Surface plasmon resonance (SPR) sensor  
キーワード(2)(和/英) 表面プラズモンポラリトン (SPP) / Surface plasmon polariton (SPP)  
キーワード(3)(和/英) InSb / Indium antimonide (InSb)  
キーワード(4)(和/英) InAs / Indium arsenide (InAs)  
キーワード(5)(和/英) THz波 / Terahertz (THz) wave  
キーワード(6)(和/英) 試料槽 / Analyte container  
キーワード(7)(和/英) 有限差分時間領域 (FDTD) 法 / Finite-difference time-domain (FDTD) method  
キーワード(8)(和/英) 性能指数 / Figure of merit (FoM)  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 啓 / Kei Yoshihara / ヨシハラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 純 / Jun Shibayama / シバヤマ ジュン
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-06 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2018-49 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.209 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EST-2018-08-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会