電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-06 15:55
[依頼講演]5G/IoT時代に向けたファイバ無線技術による電波不感地対策技術の研究開発
菅野敦史Pham Tien Dat吉田悠来山本直克NICT)・川西哲也早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来無線アクセスシステムの高度化を支えるためファイバ無線技術による電波不感地対策手法を概説する.ビル内,車内におけるミリ波対応無線リレー技術の基本概念とその適応範囲,原理検証について議論する. 
(英) We introduce mitigation technique of radio dead zones based on radio over fiber technologies for future wireless access systems. Basic concept and its applications of radio relay links in millimeter-wave radio bands are discussed with proof-of-concept demonstrations.
キーワード (和) ファイバ無線技術 / 無線リレー / ミリ波 / / / / /  
(英) radio over fiber / radio relay link / millimeter-wave / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 208, CS2018-46, pp. 31-34, 2018年9月.
資料番号 CS2018-46 
発行日 2018-08-30 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS CS NV  
開催期間 2018-09-06 - 2018-09-07 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、次世代・新世代・将来ネットワーク 、クラウド/データセンタネットワーク、SDN(OpenFlow等)・NFV、IPv6、機械学習のネットワーク適用、及び一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:7/13
- NV研究会:8/23
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session Management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future Networks, Cloud/Data Center Networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-09-IN-NS-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G/IoT時代に向けたファイバ無線技術による電波不感地対策技術の研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of radio-dead-zone mitigation technique using fiber-wireless system for 5G/IoT era 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ファイバ無線技術 / radio over fiber  
キーワード(2)(和/英) 無線リレー / radio relay link  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / millimeter-wave  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 敦史 / Atsushi Kanno / カンノ アツシ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Pham Tien Dat / Pham Tien Dat / ファン ティエン ダト
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 悠来 / Yuki Yoshida / ヨシダ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直克 / Naokatsu Yamamoto / ヤマモト ナオカツ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 哲也 / Tetsuya Kawanishi / カワニシ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-06 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-NS2018-93,IEICE-IN2018-27,IEICE-CS2018-46 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.206(NS), no.207(IN), no.208(CS) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2018-08-30,IEICE-IN-2018-08-30,IEICE-CS-2018-08-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会