電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-03 11:20
準ナイキスト波長分割多重ネットワークアーキテクチャおよび設計法
白木隆太山岡修平森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通信トラフィックの増加に対応するため、光ファイバ内の波長分割多重数の更なる増加による、周波数利用効率の一層の向上が望まれる。本稿では、フレキシブルグリッド対応の波長選択スイッチを前提にしつつ、その周波数粒度を超えた細粒度での光パスへの周波数割り当てを可能とし、同時に光フィルタリングに起因するスペクトル狭窄化の影響を緩和する、準ナイキスト波長分割多重ネットワークのアーキテクチャとその設計法を提案する。シミュレーションにより、16ノードのリングネットワークにおいて、従来の87.5GHzグリッドを用いた場合と比較して75GHz、66.6GHzグリッドを用いた提案アーキテクチャでの必要光ファイバ数が各々14%、22%減少することを示す。 
(英) In order to cope with an exponentially increase in communication traffic, further network capacity enhancement by improving the frequency utilization efficiency is desired. In this paper, we propose extremely high-density WDM networks that bundle and route optical paths; each path comprises a Nyquist-shaped signal. Bundled-based routing enables finer-granularity frequency assignment than the ITU-T flexible grid while using flexible grid granular switching. Spectrum narrowing restriction caused in WSSs are mitigated by newly developed optical path assignment algorithm. Numerical experiments demonstrate that the number of fibers needed is reduced by 22% in a 16-node ring network.
キーワード (和) 準ナイキスト波長分割多重 / スペクトル狭窄化 / / / / / /  
(英) quasi-Nyquist wavelength division multiplexing / spectrum narrowing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 203, PN2018-17, pp. 13-16, 2018年9月.
資料番号 PN2018-17 
発行日 2018-08-27 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2018-09-03 - 2018-09-04 
開催地(和) ホテル大平原(十勝) 
開催地(英) Hotel DAIHEIGEN (Tokachi) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術、一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2018-09-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準ナイキスト波長分割多重ネットワークアーキテクチャおよび設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quasi-Nyquist WDM Network Architecture and Its Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準ナイキスト波長分割多重 / quasi-Nyquist wavelength division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) スペクトル狭窄化 / spectrum narrowing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 隆太 / Ryuta Shiraki / シラキ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 修平 / Shuhei Yamaoka / ヤマオカ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-03 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.203 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2018-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会