お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-03 14:10
大規模IPv6アドレス収集手法の検討
新津雄大東大)・小林 諭福田健介NII)・江崎 浩東大IA2018-16
抄録 (和) IPv6の普及が進んでいる現在,IPv6ネットワークのセキュリティ対策の重要性が増加している.しかし,IPv4では可能であった全IPアドレスに対するスキャン検査は,膨大なアドレス空間を持つIPv6では不可能であると言われている.そのため,スキャンターゲットリストの作成を目的としてIPv6アドレス収集の研究がなされている.
本研究ではIPアドレスとホスト上でのサービスを関連付けるために,種々のサービスを用いたIPv6アドレス収集手法でアドレスを集めた.その結果をもとに各手法のアドレス収集速度の比較や集まったIPv6アドレスの分析を行うことで,各IPv6アドレス収集手法の特色をまとめ,手法間の比較を行った.またアドレス収集の目的によって,いずれの収集手法を用いるべきか提案を行うことで,アドレス収集を効率的に行うための道標を示した. 
(英) Due to wide deployment of IPv6, security issues in IPv6 network is becoming more and more important. Scanning all IP addresses is easy in IPv4 network, but not feasible in IPv6 network because of its vast address space. Thus, researchers propose various methods to generate hitlists of active IPv6 addresses.
In this work, we glean IPv6 addresses in various application-based methods, and characterize the collected addresses in terms of geographical distribution and types of interface ID. Finally we discuss appropriate methods to collect IPv6 addresses for different purposes.
キーワード (和) IPv6アドレス / ネットワークスキャン / セキュリティ / / / / /  
(英) IPv6 address / network scan / security / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 204, IA2018-16, pp. 1-8, 2018年9月.
資料番号 IA2018-16 
発行日 2018-08-27 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2018-16

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2018-09-03 - 2018-09-04 
開催地(和) 北海道大学学術交流会館 
開催地(英) Hokkaido Univ. Conference Hall 
テーマ(和) インターネット運用・管理、一般 (JANOG協催) 
テーマ(英) Internet Operation and Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2018-09-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模IPv6アドレス収集手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Collecting a large number of active IPv6 addresses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPv6アドレス / IPv6 address  
キーワード(2)(和/英) ネットワークスキャン / network scan  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新津 雄大 / Yudai Aratsu / アラツ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 諭 / Satoru Kobayashi / コバヤシ サトル
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 健介 / Kensuke Fukuda / フクダ ケンスケ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 浩 / Hiroshi Esaki / エサキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-03 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2018-16 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IA-2018-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会