電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-31 12:10
地下光ケーブルの浸水補修業務効率化を実現するオペレーション技術
赤松美穂鬼頭千尋峰 恒司海老根 崇NTT東日本
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は地下光ケーブルの浸水補修業務効率化に向けたオペレーション技術を検討している.光ファイバは一定期間浸水すると品質劣化が進行するが,浸水箇所特定および現地での補修に多くの稼働を要するため,タイムリーな補修が出来ていない保守上の課題があった.そこで本稿では,定期的な浸水試験の自動化,浸水補修の進捗管理を実現するシステムを開発し,保守業務の効率化と光ファイバの品質維持を図ったオペレーション技術について述べる. 
(英) We are developing an efficient maintenance operation system for underground optical cable. Since water penetration gradually deteriorates optical fiber cable, maintenance engineers monitor water penetration of the underground optical cables periodically. Although they spend much effort for the maintenance works such as searching locations of water penetration and repairing closures, it is difficult to prevent for all underground cables with water penetration. We developed new maintenance operation system that performs automatically optical pulse test and it allows engineers to easily manage maintenance progress. The system will be useful for efficient maintenance and maintaining quality of optical fiber networks.
キーワード (和) OTM / 浸水検知モジュール / 設備保守 / MTコネクタ / クロージャ / OTDR / /  
(英) OTM / water sensor module / maintenance / MT connector / closure / OTDR / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 202, OFT2018-12, pp. 29-32, 2018年8月.
資料番号 OFT2018-12 
発行日 2018-08-23 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS OFT LSJ  
開催期間 2018-08-30 - 2018-08-31 
開催地(和) 函館北洋ビル8階大ホール 
開催地(英) Hakodate Hokuyo Building 8Kai Hall 
テーマ(和) 通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、光ファイバ線路構成部品、光信号処理、光ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、光給電、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2018-08-OCS-OFT-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地下光ケーブルの浸水補修業務効率化を実現するオペレーション技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Operation technology for efficient maintenance of underground optical cable 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OTM / OTM  
キーワード(2)(和/英) 浸水検知モジュール / water sensor module  
キーワード(3)(和/英) 設備保守 / maintenance  
キーワード(4)(和/英) MTコネクタ / MT connector  
キーワード(5)(和/英) クロージャ / closure  
キーワード(6)(和/英) OTDR / OTDR  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤松 美穂 / Miho Akamatsu / アカマツ ミホ
第1著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT EAST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼頭 千尋 / Chihiro Kito / キトウ チヒロ
第2著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT EAST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰 恒司 / Koji Mine / ミネ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT EAST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 海老根 崇 / Takashi Ebine / エビネ タカシ
第4著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT EAST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-31 12:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2018-12 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.202 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2018-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会