電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-30 16:45
[招待講演]水産音響研究を振り返って
飯田浩二北大
抄録 (和) 著者の水中音響との出会いに始まり,退職までの約40年間にわたる研究生活を振り返る。
魚群探知機を用いた湖の資源調査において,魚探記録の目視計数に代わって自動計数法を実現し,体長推定や行動計測のため,様々な魚群探知機の改良と工夫を行った。
在外研究で見聞した先進研究は実用研究の重要性を再認識させ,その後の水産試験場との共同研究につながった。晩年には計量ソナーや水中音響カメラなどの新技術に挑戦し,現在に受け継がれている。
またアジア地域の水産音響研究の普及と発展のため,アジア水産音響学会を組織し,国際交流,国際協力に貢献した。 
(英) The author reviews the encounter with underwater acoustics and introduces his research history for four decades.
In order to estimate fish abundance in the lake, he realized the automatic counting of fish echoes, then introduced a dual beam method to estimate fish length. He also developed the four beam method and the fan-shaped high resolution echo sounder.
In the overseas study tour he saw a lot of promising work in US and in Europe, it motivates his after work including co-research with fisheries scientists.
In the closing years, he challenged the work on quantitative sonar and underwater acoustic camera. He established Asian Fisheries Acoustics Society to promote acoustic technology in Asian countries.
キーワード (和) 水産音響 / 魚群探知機 / ソナー / 音響カメラ / / / /  
(英) Fisheries acoustics / Echo sounder / Sonar / Underwater acoustic camera / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 199, US2018-48, pp. 37-41, 2018年8月.
資料番号 US2018-48 
発行日 2018-08-23 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-08-30 - 2018-08-30 
開催地(和) 東京工業大学田町キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 水中音響、一般 (共催:海洋音響学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水産音響研究を振り返って 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Personal history on fisheries acoustics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水産音響 / Fisheries acoustics  
キーワード(2)(和/英) 魚群探知機 / Echo sounder  
キーワード(3)(和/英) ソナー / Sonar  
キーワード(4)(和/英) 音響カメラ / Underwater acoustic camera  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 浩二 / Kohji Iida / イイダ コウジ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-30 16:45:00 
発表時間 50 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-48 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2018-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会