電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-30 15:45
ソウハチの音響散乱特性に関する研究 ~ I.計量魚群探知機によるソウハチ魚群の特徴 ~
向井 徹閻 乃筝山本 潤長谷川浩平北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,計量魚群探知機を用いて北海道噴火湾周辺海域におけるソウハチの音響特性を調べたものである.音響データは,周波数38,120,200 kHzのSimrad社製EK60型スプリットビーム計量魚群探知機で収集し,ソウハチは竿釣りにより,ソウハチの餌であるスケトウダラ稚魚はフレーム型中層トロールネットで捕獲した.ソウハチ魚群は計量魚群探知機のエコーグラム上ではパッチ状に現れ,3周波数ともに散乱強度は強かった.一方,スケトウダラ稚魚は層状に現れていた.体積後方散乱強度SVを調べたところ,ソウハチでは高周波数ほどSVが大きくなっており,既往の無鰾魚の特性と一致していた. 
(英) This study addresses the characteristics of the pointhead flounder Cleisthenes pinetorum using a quantitative echosounder in and near Funka Bay, Hokkaido, Japan. Acoustics data of the fish were monitored using a Simrad EK60 (38, 120, 200 kHz) split-beam echo sounder, and biological samples were collected using a rod for the pointhead flounder and a frame-type midwater trawl for the juvenile walleye pollock (The most important prey of pointhead flounder). The pointhead flounder schools presented a patch shaped echo on the echograms and showed strong scattering at all three frequencies, whereas the distribution patterns of the juvenile walleye pollock schools were layered. The volume backscattering strength (SV) of the target schools extracted from the echograms showed that the pointhead flounder presented a higher SV at high frequency, which is consistent with the early surveys of other bladderless fish.
キーワード (和) ソウハチ / 計量魚群探知機 / スケトウダラ稚魚 / 体積後方散乱強度 / 音響特性 / / /  
(英) Pointhead flounder / Quantitative echosounder / Juvenile walleye pollock / Volume backscattering strength / acoustic characteristics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 199, US2018-46, pp. 29-32, 2018年8月.
資料番号 US2018-46 
発行日 2018-08-23 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-08-30 - 2018-08-30 
開催地(和) 東京工業大学田町キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 水中音響、一般 (共催:海洋音響学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソウハチの音響散乱特性に関する研究 
サブタイトル(和) I.計量魚群探知機によるソウハチ魚群の特徴 
タイトル(英) Study on acoustic scattering characteristics of pointhead flounder (Cleisthenes pinetorum) 
サブタイトル(英) Characteristics of pointhead flounder observed with a quantitative echosounder. 
キーワード(1)(和/英) ソウハチ / Pointhead flounder  
キーワード(2)(和/英) 計量魚群探知機 / Quantitative echosounder  
キーワード(3)(和/英) スケトウダラ稚魚 / Juvenile walleye pollock  
キーワード(4)(和/英) 体積後方散乱強度 / Volume backscattering strength  
キーワード(5)(和/英) 音響特性 / acoustic characteristics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 徹 / Tohru Mukai / ムカイ トオル
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 閻 乃筝 / Naizheng Yan / エン ナイソウ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 潤 / Jun Yamamoto / ヤマモト ジュン
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩平 / Kohei Hasegawa / ハセガワ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-30 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-46 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2018-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会