電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-30 13:55
海底砂のねじれ率、透水係数および間隙半径の予測
木村正雄多孔体音響研
抄録 (和) Biotモデルの物理パラメータであるねじれ率,透水係数および間隙半径は,海底砂中の音波伝搬を解析するために重要である.本研究では,水で飽和された34種の単一粒径のガラスビーズと砂,および73種の粒径分布をもつ砂の地層比抵抗係数および透水係数を測定した.これらの測定値より,地層比抵抗係数,セメント指数およびねじれ率の実験式を求めた.次に透水係数のKozeny-CarmanおよびRevil-Cathles(RC)モデルにおける間隙形状係数k0およびaを導出した.さらに透水係数の測定値を用いて,両モデルの比較を行った.最後に実効平均粒子直径に対する実効間隙半径の比を導出した. 
(英) Tortuosity, permeability, and pore radius, which are parameters in the Biot model, are important for analyzing the elastic wave propagation in water-saturated unconsolidated marine sands. In this study, the formation factor and permeability are measured for 34 kinds of water-saturated glass beads and sands with uniformly sized grains and 73 kinds of water-saturated sands with distributed sized grains. Using these measured data, the empirical equations for the formation factor, cementation exponent, and tortuosity are obtained. The pore shape factor, k0, in the Kozeny-Carman model and pore shape factor, a, in the Revil-Cathles (RC) model are derived. The Kozeny-Carman, and RC models are compared for the measured permeability results. Finally, the ratio of the effective pore radius to effective mean grain diameter is derived.
キーワード (和) 海底砂 / ねじれ率 / 透水係数 / 間隙半径 / 音速分散 / 減衰 / /  
(英) Marine sands / Tortuosity / Permeability / Pore radius / Speed dispersion / Attenuation / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 199, US2018-42, pp. 7-12, 2018年8月.
資料番号 US2018-42 
発行日 2018-08-23 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-08-30 - 2018-08-30 
開催地(和) 東京工業大学田町キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 水中音響、一般 (共催:海洋音響学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海底砂のねじれ率、透水係数および間隙半径の予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of tortuosity, permeability, and pore radius of marine sands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海底砂 / Marine sands  
キーワード(2)(和/英) ねじれ率 / Tortuosity  
キーワード(3)(和/英) 透水係数 / Permeability  
キーワード(4)(和/英) 間隙半径 / Pore radius  
キーワード(5)(和/英) 音速分散 / Speed dispersion  
キーワード(6)(和/英) 減衰 / Attenuation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 正雄 / Masao Kimura / キムラ マサオ
第1著者 所属(和/英) 多孔体音響研究所 (略称: 多孔体音響研)
Poro-Acoustics Laboratory (略称: Poro-Acoustics Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-30 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-42 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2018-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会