電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 09:00
スペクトラム圧縮伝送へのMLD適用による誤り率改善効果
白井 基小俣澄夏杉山隆利工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線アクセスシステムに必須の有限資源である周波数帯域の枯渇問題解決のために,変調信号スペクトラムの所要帯域幅を削減し周波数利用効率(伝送速度/所要帯域幅)の有効利用を図るスペクトラム圧縮伝送が提案されている.しかしながら,スペクトラム圧縮伝送ではスペクトラムの3dB帯域幅である所要帯域幅をナイキスト帯域幅未満に圧縮することに起因するISI(Inter Symbol Interference)の影響で誤り率が劣化してしまう.そこで,本論文では,誤り率特性劣化の改善を目的として,従来の誤り訂正技術に加えてMLD (Maximum Likelihood Detection)を適用したスペクトラム圧縮伝送の誤り率特性及び周波数利用効率を計算機シミュレーションにより評価し,その効果を適量的に示す. 
(英) Spectrum suppressed transmission that increases the frequency utilization efficiency (throughput / required bandwidth) by suppressing the required bandwidth (3dB bandwidth) has been proposed to solve the frequency band exhaustion. However, in spectrum suppressed transmission, transmission quality degrades due to ISI (Inter Symbol Interference) caused by suppressing the required bandwidthto less than the Nyquist bandwidth. In this paper, in order to further improve transmission quality degradation and frequency utilization efficiency, we have proposed spectrum suppressed transmission applying MLD (Maximum Likelihood Detection) in addition to a powerful FEC (forward error correction). Then, we have quantitatively evaluated bit error rate performances and the frequency utilization efficiency in the proposed scheme by computer simulations.
キーワード (和) スペクトラム圧縮 / MLD / 誤り率改善 / 周波数利用効率 / faster-than-Nyquist / / /  
(英) Spectrum suppression / MLD / Bit error rate improvement / Frequency utilization efficiency / Faster-than-Nyquist / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 176, SAT2018-39, pp. 55-60, 2018年8月.
資料番号 SAT2018-39 
発行日 2018-08-02 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2018-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトラム圧縮伝送へのMLD適用による誤り率改善効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bit Error Rate Improvement by Using MLD in Spectrum Suppressed Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトラム圧縮 / Spectrum suppression  
キーワード(2)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(3)(和/英) 誤り率改善 / Bit error rate improvement  
キーワード(4)(和/英) 周波数利用効率 / Frequency utilization efficiency  
キーワード(5)(和/英) faster-than-Nyquist / Faster-than-Nyquist  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 基 / Motoi Shirai / シライ モトイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小俣 澄夏 / Sumika Omata / オマタ スミカ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2018-39 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会