電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 13:55
マルチビーム型衛星放送システムのアメダス降水データを用いた回線品質改善法の有効性の検討
岩本拓巳藤崎清孝福岡工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代衛星放送システムでは高周波数帯を用いることで,より高精細な放送サービスの実現を目指している.しかし,周波数が高いほど降雨が衛星回線にもたらす影響は大きくなる.一方,衛星上で使用可能な電力には厳しい制限があり,十分な降雨マージンを設けることも出来ない.そこで我々はマルチビーム衛星を用いたKa帯衛星通信システムに対して,次の時間の降雨がその時間の衛星回線に与える影響を事前に予測し,その結果を用いて各ビームの送信電力を適応的に制御する手法を検討している.本論文では回線品質の目標値を定めるために,各ビームの送信電力が最適制御された場合の稼働率を評価した結果を示す. 
(英) In order to realize the high definition broadcast, the use of the higher frequency band is discussed in the next-generation broadcasting satellite system. However, the effect of the rainfall on the satellite link becomes large in accordance with the frequency. Since the electricity used in the satellite system has the strict limitation, we cannot provide the sufficient margin. In our study, the Ka-band of the multi-beam satellite broadcasting system is focused on in order to maintain the link quality. In the proposed methods, first, the following effect of the rain on the link of each beam is predicted with the precipitation data of each beam obtained by AMeDAS. Next, the transmission power of several beams is controlled based on the prediction. In this article, the optimum link availability is shown in order to decide the target link quality.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨補償技術 / AMeDAS / マルチビーム衛星 / / / /  
(英) satellite communication / rain fade mitigation technique / AMeDAS / multi-beam satellite / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 176, SAT2018-44, pp. 85-90, 2018年8月.
資料番号 SAT2018-44 
発行日 2018-08-02 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2018-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチビーム型衛星放送システムのアメダス降水データを用いた回線品質改善法の有効性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of the Improvement of the Link Quality Using AMeDAS Rainfall Data for Multibeam Satellite Broadcasting System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(2)(和/英) 降雨補償技術 / rain fade mitigation technique  
キーワード(3)(和/英) AMeDAS / AMeDAS  
キーワード(4)(和/英) マルチビーム衛星 / multi-beam satellite  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 拓巳 / Takumi Iwamoto / イワモト タクミ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤崎 清孝 / Kiyotaka Fujisaki / フジサキ キヨタカ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2018-44 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会