電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 09:50
アンケート分析によるエゾシカ肉の旨味評価と電気的測定評価との関連
武山真弓北見工大)・横川慎二電通大)・佐藤 勝安井 崇北見工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) エゾシカの頭数増加による農林業被害を減少させるために、エゾシカの利活用が積極的に検討されている。しかし、その需要は大きく伸びておらず、新たな対策が必須と考えられている。我々はエゾシカ肉の生体電気インピーダンス(BIA)測定を行うことで、肉の鮮度、熟成度の評価を試みた。その結果、BIA法は肉の鮮度及び保存状態の推定に有効であることが明らかになった。さらに、官能検査を行い、それらのアンケート結果と電気的測定の結果を併せて考え、それらの相関が明らかになったので、その詳細を報告する。 
(英) To reduce the damage on agriculture and forestry caused by the increase in the number of Ezoshika, the utilization of Ezoshika is actively being studied. However, its demand has not increased significantly, and new measures are considered essential. We try to evaluate freshness and aging of meat by measuring bioelectrical impedance (BIA) of Ezoshika meat. As a result, it became clear that the BIA method is effective for estimating freshness and preservation state of meat. Furthermore, organoleptic tests were conducted, and the questionnaire result and the electrical measurement result of them were considered together, and the correlation between them was clarified, and the details will be reported.
キーワード (和) 生体電気インピーダンス測定 / エゾシカ肉 / LCRメータ / 官能検査 / おいしさ評価 / / /  
(英) bioelectrical impedance analysis / Ezoshika meat / LCR meter / sensory evaluation / taste evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 179, CPM2018-15, pp. 33-38, 2018年8月.
資料番号 CPM2018-15 
発行日 2018-08-02 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 弘前大学文京町地区キャンパス 
開催地(英) Hirosaki Univ. 
テーマ(和) 電子部品・材料、一般 
テーマ(英) Component Parts and Materials, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-08-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンケート分析によるエゾシカ肉の旨味評価と電気的測定評価との関連 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between taste evaluation of Ezoshika meat and electrical measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体電気インピーダンス測定 / bioelectrical impedance analysis  
キーワード(2)(和/英) エゾシカ肉 / Ezoshika meat  
キーワード(3)(和/英) LCRメータ / LCR meter  
キーワード(4)(和/英) 官能検査 / sensory evaluation  
キーワード(5)(和/英) おいしさ評価 / taste evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武山 真弓 / Mayumi B. Takeyama / タケヤマ マユミ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. & Technol.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横川 慎二 / Shinji Yokogawa / ヨコガワ シンジ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 勝 / Masaru Sato / サトウ マサル
第3著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. & Technol.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安井 崇 / Takashi Yasui / ヤスイ タカシ
第4著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. & Technol.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2018-15 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.179 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPM-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会