電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 11:25
Zr系金属ガラス表面の元素組成と化学結合状態
郡山春人藤森敬典遠田義晴弘前大)・富樫 望アダマンド並木精密宝石CPM2018-19
抄録 (和) Zr系金属ガラスであるVit 105合金(Zr_{52.5}Cu_{17.9}Ni_{14.6}Al_{10}Ti_{5})はTiを含まない金属ガラスより耐食性が向上すると報告されている。そこでTiの有無による耐食性向上の物理化学的要因を探るため、本研究はVit 105合金とTiを含まないZr 55合金(Zr_{55}Cu_{30}Al_{10}Ni_{5})の2つの試料で、X線光電子分光(XPS)を用いて内殻光電子スペクトルの深さ方向測定を行い、不動態膜の元素組成分析、化学結合状態、および膜厚を調べ、両試料を比較した。さらに不動態膜のないバルク表面からの酸化反応をその場リアルタイムでXPSにより測定し、高精度の初期酸化速度を得た。その結果、両試料とも不動態膜の主成分はZr酸化物であり、それに加えAl酸化物とVit 105合金ではTi酸化物が存在するが、CuとNiは不動態膜中に存在しないことがわかった。さらに不動態膜厚と酸化速度は、両試料でほとんど差がないことが明らかとなった。 
(英) It has been reported that the Zr-based bulk metallic glass alloy commonly known as Vit 105 (Zr_{52.5}Cu_{17.9}Ni_{14.6}Al_{10}Ti_{5}) exhibits better corrosion resistance, as compared to the alloy containing no Ti atoms. In this study, to investigate the physical and chemical origins of the corrosion resistance, X-ray photoelectron spectroscopic (XPS) measurements have been carried out for both the Vit 105 and Zr 55 (Zr_{55}Cu_{30}Al_{10}Ni_{5}) alloys. Elemental compositions, chemical bonding states, and thicknesses of the passivation layers on both alloys were obtained from depth profile of core-level spectra. Moreover, exact rate of initial oxidation started from bulk surface without the passivation layer was obtained by real-time XPS. The results demonstrated that main composition of the passivation layers on both alloys is zirconium oxide, with some amount of aluminum oxide and titanium oxide in Vit 105, while there are no presence of copper and nickel in the layers. It was also found that there are almost no differences in the thickness of the passivation layer and the initial oxidation rate between both alloys.
キーワード (和) 金属ガラス / 不動態膜 / 元素組成 / XPS / / / /  
(英) Metallic Glass / Passivation Layer / Elemental Composition / XPS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 179, CPM2018-19, pp. 53-56, 2018年8月.
資料番号 CPM2018-19 
発行日 2018-08-02 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2018-19

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 弘前大学文京町地区キャンパス 
開催地(英) Hirosaki Univ. 
テーマ(和) 電子部品・材料、一般 
テーマ(英) Component Parts and Materials, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-08-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Zr系金属ガラス表面の元素組成と化学結合状態 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Surface composition and chemical bond structure of Zr-based metallic glass 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金属ガラス / Metallic Glass  
キーワード(2)(和/英) 不動態膜 / Passivation Layer  
キーワード(3)(和/英) 元素組成 / Elemental Composition  
キーワード(4)(和/英) XPS / XPS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郡山 春人 / Haruto Koriyama / コオリヤマ ハルト
第1著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤森 敬典 / Keisuke Fujimori / フジモリ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠田 義晴 / Yoshiharu Enta / エンタ ヨシハル
第3著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富樫 望 / Nozomu Togashi / トガシ ノゾム
第4著者 所属(和/英) アダマンド並木精密宝石(株) (略称: アダマンド並木精密宝石)
Adamant Namiki Precision Jewel Co., Ltd. (略称: Adamant Namiki Precision Jewel)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 11:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2018-19 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.179 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CPM-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会