電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 09:50
高層ビル群環境下でのGPS信号の受信電力に基づく測位誤差改善技術の提案
早川俊成村井宣文杉山隆利工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年GPS衛星を使った測位が様々なシステムに広く普及をしている.しかし高層ビル群環境においては多数の反射波の受信によって測位精度が劣化してしまう問題がある.これを解決する既存技術として仰角マスクがあるがマスクをかけ過ぎた場合に高層ビル群環境においては測位に利用できるGPS衛星数が4機未満(測位不能)となる可能性がある.そこで本来仰角マスクによって測位演算から排除されていた反射波を積極的に利用することで必要なGPS衛星数の確保を図る測位方法を検討する.本稿ではGPS衛星からの受信電力からGPS受信機への入射角と反射回数を推定するモデルを提案し,提案モデルを用いた測位誤差改善効果を計算機シミュレーションによって定量的に評価する. 
(英) In recent years, positioning using GPS (Global Positioning System) has been widely used and introduced in various systems. However, in environments where skyscrapers stand side by side such as metropolitan Tokyo, it is difficult to receive GPS signals from GPS satellites directly. So, many reflected GPS signals are received. They might make calculated distance errors longer due to their longer pseudo ranges than those of direct signals. Elevation mask is one of existing technologies to improve calculated distance error by not using the reflected signals as possible. However, in many skyscrapers environments, the number of receivable GPS signals might be less than 4 by larger elevation mask. Therefore, it is likely to use the pseudo ranges of the reflected signals positively which is not used by elevation mask and we proposed a pseudo range estimation model that can estimate the number of reflections and the incident angles of the received GPS signals from their received power. By using our proposed estimation model that is possible to approximate the pseudo range of the reflected signal to that of the direct signal. In this paper, we show the improvement the calculated distance error of the proposed method by simulation.
キーワード (和) GPS / 反射波 / / / / / /  
(英) GPS / Reflection signal / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 176, SAT2018-41, pp. 67-72, 2018年8月.
資料番号 SAT2018-41 
発行日 2018-08-02 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate University 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2018-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高層ビル群環境下でのGPS信号の受信電力に基づく測位誤差改善技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Calculated Distance Error Improvement Based on GPS Received Signal Power in Many Skyscrapers Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) 反射波 / Reflection signal  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 俊成 / Hayakawa Toshinari / ハヤカワ トシナリ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 宣文 / Norihumi Murai / ムライ ノリフミ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2018-41 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会