電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-08 15:00
局所適応最近傍補間を用いた反復逆投影法による超解像再構成
鵜飼隆也水谷涼平河合悠輝内田照喜戸田英治中京大)・大竹 敢佐藤雅俊玉川大)・青森 久中京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 表示デバイスの画素密度向上により,画質を決定づける指標として解像度の重要性が増している.近年,超解像の際に事前学習を必要としない再構成型超解像が注目されている.反復逆投影法(IBP)は効率的な再構成型超解像手法の一つであり,位置ずれした画像群から反復的に画質を改善する手法である.従来のIBP法では最近傍補間により画像をアップサンプリングしているため,超解像した画像に好ましくないアーティファクトが発生しやすいという問題がある.そこで本研究では,最近傍補間を行う際に画像の局所領域の輪郭方向に応じて補間方向を決定する局所適応的最近傍補間を用いたIBP法を提案する.様々な実画像に対しての性能評価実験により,提案手法は従来のIBP法と比べ主観的にも客観的にも画質が向上することを明らかにした. 
(英) The pixel density of display devices are improving, and the importance of the resolution as a criteria to determine the image quality has increased. In recent years, reconstruction-based super-resolution techniques that do not require a prior learning at the time of the super-resolution have been attracting attention. The iterative back-projection (IBP) is an efficient reconstruction-based super-resolution method, and in its algorithm, an interpolation filter is applied iteratively to enhance image definition. Although interpolation performance in the IBP method is very important, very few studies have focused on improving interpolation performance. In this paper, we propose a novel IBP method having directional interpolation to enhance super-resolution quality of the IBP method. Experimental results obtained by applying proposed method and the baseline IBP method to various test images support that image super-resolution performance of proposed method outperforms that of the baseline IBP method.
キーワード (和) 超解像 / 高解像度化 / 再構成 / 反復逆投影法 / 補間フィルタ / / /  
(英) Super-resolution / High resolution / Reconstruction / Iterative back-projection / Interpolation filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 174, NLP2018-58, pp. 31-34, 2018年8月.
資料番号 NLP2018-58 
発行日 2018-08-01 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2018-08-08 - 2018-08-09 
開催地(和) 香川大学 幸町キャンパス 
開催地(英) Saiwai-cho Campus, Kagawa Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-08-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所適応最近傍補間を用いた反復逆投影法による超解像再構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Super-Resolution Reconstruction Using Adaptive Nearest Neighbor Interpolation by Iterative Back-Projection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像 / Super-resolution  
キーワード(2)(和/英) 高解像度化 / High resolution  
キーワード(3)(和/英) 再構成 / Reconstruction  
キーワード(4)(和/英) 反復逆投影法 / Iterative back-projection  
キーワード(5)(和/英) 補間フィルタ / Interpolation filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜飼 隆也 / Ryuya Ukai / ウカイ リュウヤ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 涼平 / Ryohei Mizutani / ミズタニ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 悠輝 / Yuki kawai / カワイ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 照喜 / Teruki Uchida / ウチダ テルキ
第4著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 英治 / Hideharu Toda / トダ ヒデハル
第5著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 敢 / Tsuyoshi Otake / オオタケ ツヨシ
第6著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 雅俊 / Masatoshi Sato / サトウ マサトシ
第7著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 青森 久 / Hisashi Aomori / アオモリ ヒサシ
第8著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-08 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2018-08-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会