お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-03 09:25
視線計測と顕著度マップを利用したユーザの視覚特性に基づく情報提示手法
針ヶ谷勇星白山 晋東大HIP2018-50
抄録 (和) 近年,視覚的情報の提示によるユーザの作業支援が試みられている.しかしながら,ユーザの視界を遮る,過度に目立つなど不適切な情報提示は,逆に作業を阻害する可能性がある.本研究では,ユーザの視線計測,および作業空間内の顕著度マップの算出によって,周辺視野領域や情報の誘目性を考慮し,ユーザの作業を阻害しない情報提示手法を提案した.次に,自動車室内空間を模した実験空間において提案手法に基づき視覚情報提示を行った場合に,顕著度の考慮が被験者の視線移動に与える効果を検証する実験を行った.実験の結果,顕著度の考慮により,被験者の注視点と情報の重畳回避,および被験者の情報注視時間の短縮が確認され,提案手法の有効性を確認した. 
(英) Researchers have been trying to assist human work by presenting visual information in recent years. However, inappropriate presentation such as obstructing the user's vision, or being excessively conspicuous, may reverse the operation. In this research, we proposed an information presentation method that does not disturb user's work by considering the peripheral vision area and the attractiveness of information using eye tracking and saliency map. Then we presented visual information based on the proposed method and verified the effect of the consideration of saliency on the eye movement of the subject. By considering saliency, the information became less likely to overlap the gaze points of subject and the time that subject looked at the information was shortened. For these evidences, we confirmed the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 視線計測 / 顕著度マップ / 情報提示 / / / / /  
(英) eye tracking / saliency map / information presenting / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 171, HIP2018-50, pp. 49-52, 2018年8月.
資料番号 HIP2018-50 
発行日 2018-07-26 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2018-50

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2018-08-02 - 2018-08-03 
開催地(和) 東京女子大学 
開催地(英) Tokyo Woman's Christian University 
テーマ(和) 「顔・身体学」および「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2018-08-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線計測と顕著度マップを利用したユーザの視覚特性に基づく情報提示手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Presenting Information Based on Human Visual Characteristics Using Eye Tracking and Saliency Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線計測 / eye tracking  
キーワード(2)(和/英) 顕著度マップ / saliency map  
キーワード(3)(和/英) 情報提示 / information presenting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 針ヶ谷 勇星 / Yusei Harigaya / ハリガヤ ユウセイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白山 晋 / Susumu Shirayama / シラヤマ ススム
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-03 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2018-50 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2018-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会