お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-03 09:50
ランドマークの歩行誘導効果に関する基礎的検討
白井結哉白山 晋東大HIP2018-51
抄録 (和) 近年,デジタルサイネージの地図メディアとしての機能が注目されており,歩行者に対して地図情報の記憶を促し効果的に歩行誘導するような案内手法の構築が求められている.本稿では,歩行誘導効果を最大化するという観点から,経路特性も考慮したランドマークの最適な提示手法の実現を目指し,そのための基礎的検討として2つの被験者実験をシミュレーション上で行った.1つは様々な形状の経路に対する歩行実験であり,「迷いやすい経路」の特性を明らかにするものである.もう1つは,地図上におけるランドマークの効果を,歩行誘導効果の観点と視線行動の観点から評価するものである.これらの知見はランドマークの最適設計を目指す上での指針になるものと期待される. 
(英) Recently, the function of digital signage as a map medium has drawn attention, and construction of a guidance method that urges pedestrians to memorize map information and effectively guides walking is required. In this paper, from the viewpoint of maximizing the walking inducing effect, we aimed to realize the optimum presentation method of the landmark considering the route characteristics, and conducted two subject experiments. One is walking experiments on paths of various shapes, and it clarifies the characteristics of the "easy-to-miss route". The other is to evaluate the effect of the landmark on the map. These findings are expected to serve as guidelines for aiming at optimum design of landmarks.
キーワード (和) デジタルサイネージ / 地図 / ランドマーク / 歩行誘導効果 / / / /  
(英) Digital Signage / Map / Landmark / Walking Induction Effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 171, HIP2018-51, pp. 53-56, 2018年8月.
資料番号 HIP2018-51 
発行日 2018-07-26 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2018-51

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2018-08-02 - 2018-08-03 
開催地(和) 東京女子大学 
開催地(英) Tokyo Woman's Christian University 
テーマ(和) 「顔・身体学」および「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2018-08-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランドマークの歩行誘導効果に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study of a Landmark-Based Pedestrian-Navigation System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルサイネージ / Digital Signage  
キーワード(2)(和/英) 地図 / Map  
キーワード(3)(和/英) ランドマーク / Landmark  
キーワード(4)(和/英) 歩行誘導効果 / Walking Induction Effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 結哉 / Yuya Shirai / シライ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白山 晋 / Susumu Shirayama / シラヤマ ススム
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-03 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2018-51 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2018-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会