お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-02 13:55
連続書字動作に対する運動学的検討 ~ なぜ私たちは書き間違えるのか ~
山田千晴早大)・板口典弘慶大)・福澤一吉早大HIP2018-43
抄録 (和) 意図していない行為をついおこなってしまうというエラーを,アクション・スリップとよぶ。書き間違いは,我々が最も日常的に経験するアクション・スリップである。本研究では,実験的に誘発される書き間違いに着目し,書字運動をおこなっている最中の視覚FBと運動学的プロファイルの変化が,書き間違いの生起に与える影響を検討することを目的とした。実験1から,視覚FBの有無が書き間違いのパターンに影響することが明らかになった。実験2からは,書き間違いが生じる直前において,書字にかかる時間のばらつきが大きくなることが明らかになった。これらの結果は,意図しない文字の書字スキーマを活性化させるリンクが,文字の視覚情報に関連していることや,意図する行為の遂行時に保たれていた“リズム”が損なわれることをきっかけに,意図していない別の行為のスキーマがトリガーされる可能性を示唆する。 
(英) Action slip refers unintentional and substitutional error in action sequences. Slip of the pen, the error that mistakenly write words or characters that differ from what are planned to write, is one of the most common action slips. In the present study, we investigated the effect of visual feedback and changes in kinematic aspects of writing movements on experimentally induced slips of the pen. The results of Experiment 1 showed that the pattern of the error in writing was different depending on visual feedback of writing trajectories. In addition, Experiment 2 revealed that the variance of the writing time increased just before slips of the pen occurred. These results suggest that the link between schemas of writing that activates unintended writing schema is related to visual information of characters and other unintentional schemas are triggered when the temporal relationship between motor commands and sensory feedback of intended action collapses.
キーワード (和) アクション・スリップ / 書き間違い / 書字スリップ / / / / /  
(英) Action slip / Slips of the pen / Writing slip / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 171, HIP2018-43, pp. 23-26, 2018年8月.
資料番号 HIP2018-43 
発行日 2018-07-26 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2018-43

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2018-08-02 - 2018-08-03 
開催地(和) 東京女子大学 
開催地(英) Tokyo Woman's Christian University 
テーマ(和) 「顔・身体学」および「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2018-08-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連続書字動作に対する運動学的検討 
サブタイトル(和) なぜ私たちは書き間違えるのか 
タイトル(英) The effect of kinematic components on unintentional error in writing 
サブタイトル(英) the mechanism of slip of the pen 
キーワード(1)(和/英) アクション・スリップ / Action slip  
キーワード(2)(和/英) 書き間違い / Slips of the pen  
キーワード(3)(和/英) 書字スリップ / Writing slip  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 千晴 / Chiharu Yamada / ヤマダ チハル
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 板口 典弘 / Yoshihiro Itaguchi / イタグチ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福澤 一吉 / Kazuyoshi Fukuzawa / フクザワ カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-02 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2018-43 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2018-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会