電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-02 09:50
耐遅延性無線センサネットワークにおける動的スリープ制御方式
塩川茂樹楢原裕一郎神奈川工科大
抄録 (和) データ送信の遅延が許される環境の耐遅延性無線センサネットワークでは,スリープ制御を効果的に適用することで消費電力を大幅に削減することが可能である.本稿では,耐遅延性無線センサネットワークにおいて,動的なスリープ制御による省電力化手法を提案する.提案方式では,送信パケットを持たないノードは積極的にスリープし,パケットを保持している場合は通信可能なノードが現れるまでアクティブな状態を維持しながらパケットを蓄えておく.コンピュータシミュレーションにより提案方式の有効性を示す. 
(英) In wireless sensor network where data transmission delay is permitted, it is possible to decrease power consumption by applying a sleep control effectively to the network. In this report, we propose a power saving method by dynamic sleep control in a delay tolerant wireless sensor network. In the proposed method, a node not having any packet goes to sleep, and one having a packet keeps an active state until a node with which it can communicate appears. By computer simulation, we show effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / 耐遅延性ネットワーク / スリープ制御 / / / / /  
(英) Wireless sensor network / Delay tolerant network / Sleep control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 168, CCS2018-29, pp. 17-20, 2018年8月.
資料番号 CCS2018-29 
発行日 2018-07-25 (CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN CCS  
開催期間 2018-08-01 - 2018-08-02 
開催地(和) きたゆざわ 森のソラニワ 
開催地(英) Kitayuzawa Mori-no-Soraniwa 
テーマ(和) ネットワークの科学、次世代・新世代・将来ネットワーク 、クラウド/SDN/仮想化、コンテンツ配信・流通、及び一般
※ 1日目夜にNetSci研、CCS研、ASN研、IN研併催による第2種研究会(ナイトセッション)を予定しております。宿泊等含め、詳細はこちらをご参照ください。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2018-08-IN-CCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耐遅延性無線センサネットワークにおける動的スリープ制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A dynamic sleep control method in delay tolerant wireless sensor networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless sensor network  
キーワード(2)(和/英) 耐遅延性ネットワーク / Delay tolerant network  
キーワード(3)(和/英) スリープ制御 / Sleep control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩川 茂樹 / Shigeki Shiokawa / シオカワ シゲキ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢原 裕一郎 / Yuichiro Narahara / ナラハラ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-02 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CCS 
資料番号 IEICE-CCS2018-29 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CCS-2018-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会