電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-26 15:25
導波管を用いたSARプローブ較正におけるあてはめ範囲に関する検討
石井 望NICT/新潟大)・清水悠斗長岡智明渡辺聡一NICTEMCJ2018-19 EMD2018-17
抄録 (和) 無線携帯端末の比吸収率測定では,ファントム液剤内で電界プローブを走査し,無線携帯端末によりファントム液剤内に生じるSAR分布を求める.このため,電界プローブの先端での電界強度をプローブ3軸センサの受信合成電圧に対応づける,すなわち,プローブの較正が予め必要となる.携帯電話等で使用されている周波数帯では,プローブ較正は一般にファントム液剤で充たした底面付き導波管内で実施される.本稿では,プローブ較正で必要となる受信合成電圧の距離特性を曲線あてはめする際の適切なあてはめ範囲の決定法について論じる.さらに,導波管底面近傍で受信合成電圧に重畳される境界効果の補償に関する知見についても言及する. 
(英) In the measurement of the specific absorption rate (SAR) of the wireless mobile device, the electric field probe is scanned in the phantom liquid and the SAR distribution produced in the phantom liquid is measured. It is necessary to calibrate the probe or to relate the electric field intensity at the tip of the probe to the combined output voltage of the probe. In frequency bands used in mobile phones, the calibration of the probe is generally carried out in a waveguide well filled with phantom liquid. In this report, we propose a method of determining appropriate ranges to fit the combined output voltage to the corresponding exponential decay function. We also discuss how to compensate the boundary effect superimposed on the combined output voltage near the bottom of the waveguide well.
キーワード (和) 比吸収率 / ファントム液剤 / 電界プローブ / 導波管 / あてはめ範囲 / 境界効果 / /  
(英) Specific absorption rate / Phantom liquid / Electric-field probe / Waveguide / Fitting range / Boundary effect / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 158, EMCJ2018-19, pp. 19-24, 2018年7月.
資料番号 EMCJ2018-19 
発行日 2018-07-19 (EMCJ, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2018-19 EMD2018-17

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-SPC EMD PEM  
開催期間 2018-07-26 - 2018-07-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 実装,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2018-07-EMCJ-SPC-EMD-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 導波管を用いたSARプローブ較正におけるあてはめ範囲に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Determining the Fitting Range to Calibrate the SAR Probe Using the Waveguide System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 比吸収率 / Specific absorption rate  
キーワード(2)(和/英) ファントム液剤 / Phantom liquid  
キーワード(3)(和/英) 電界プローブ / Electric-field probe  
キーワード(4)(和/英) 導波管 / Waveguide  
キーワード(5)(和/英) あてはめ範囲 / Fitting range  
キーワード(6)(和/英) 境界効果 / Boundary effect  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/新潟大学 (略称: NICT/新潟大)
National Institute of Information and Communications Technology/Niigata University (略称: NICT/Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 悠斗 / Yuto Shimizu / シミズ ユウト
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 智明 / Tomoaki Nagaoka / ナガオカ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-26 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2018-19,IEICE-EMD2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.158(EMCJ), no.159(EMD) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2018-07-19,IEICE-EMD-2018-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会