電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-25 13:35
ToF距離画像カメラの測定パルス光なりすましに対する計測セキュリティ評価システム
櫻澤 聡藤本大介松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Time of Flight(ToF)方式距離画像カメラはカメラの写す一定範囲内の距離を同時に測定可能なデバイスであり,その利便性から普及しつつある.
しかし,その測定原理を悪用した攻撃が提案されており,セキュリティ評価が必要である.本稿では,複数機種のToF方式距離画像カメラを対象とし,測定パルス光なりすまし攻撃による計測セキュリティの比較評価を行えるシステムを考案した.このシステムにおける同一の評価環境で模擬攻撃に基づき,同じToF方式であってもカメラが発射する測定光パルスの種類や構造の違いにより,攻撃が出力距離画像に与える影響が異なる点などを把握可能であることを示す. 
(英) The ToF depth-image camera is a device capable of simultaneously measuring distances within a certain range and it is becoming popular due to its convenience. However, attacks that exploit the measurement principle have been proposed, and security evaluation is necessary. In this paper, we devised a system for evaluating instrumentation security of ToF depth-image cameras against pulse-light spoofing. We show that the system can grasp that the influence of attack on the output depth-image differs depending on the difference in the structure of the pulsed light.
キーワード (和) 計測セキュリティ / 距離画像 / Time of Flight / セキュリティ評価 / / / /  
(英) Instrumentation Security / Depth-Image / Time of Flight / Security Evaluating / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 153, HWS2018-15, pp. 61-68, 2018年7月.
資料番号 HWS2018-15 
発行日 2018-07-18 (ISEC, SITE, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HWS ISEC SITE ICSS EMM IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2018-07-25 - 2018-07-26 
開催地(和) 札幌コンベンションセンター 
開催地(英) Sapporo Convention Center 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2018-07-HWS-ISEC-SITE-ICSS-EMM-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ToF距離画像カメラの測定パルス光なりすましに対する計測セキュリティ評価システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A System for Evaluating Instrumentation Security of ToF Depth-Image Cameras against Pulse-light Spoofing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計測セキュリティ / Instrumentation Security  
キーワード(2)(和/英) 距離画像 / Depth-Image  
キーワード(3)(和/英) Time of Flight / Time of Flight  
キーワード(4)(和/英) セキュリティ評価 / Security Evaluating  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻澤 聡 / Satoru Sakurazawa / サクラザワ サトル
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 大介 / Daisuke Fujimoto / フジモト ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-25 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-ISEC2018-18,IEICE-SITE2018-10,IEICE-HWS2018-15,IEICE-ICSS2018-21,IEICE-EMM2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.151(ISEC), no.152(SITE), no.153(HWS), no.154(ICSS), no.155(EMM) 
ページ範囲 pp.61-68 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2018-07-18,IEICE-SITE-2018-07-18,IEICE-HWS-2018-07-18,IEICE-ICSS-2018-07-18,IEICE-EMM-2018-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会