電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-25 13:40
周期信号の静的表現のVOCODERへの応用について
河原英紀和歌山大)・森勢将雅山梨大)・フア カンルイリノイ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ここでは、VOCODER への応用を目的として、有声音のスペクトル包絡を求める方法を提案する。信号の周期 性による干渉をパワースペクトルから取除く方法は、20 年前の legacy-STRAIGHT、10 年前の TANDEM-STRAIGHT、 3 年前の CheapTrick において再発明されてきた。筆者らは、前報において二つの新たな方法を提案した。それらは、 一段階の処理で時間方向と周波数方向の干渉の無いスペクトログラムを求める方法と、最初に時間方向での干渉の無 いパワースペクトルを求め、次に周波数方向での干渉を取除く二段階の方法である。これらの処理は、sinc 関数のべ き乗あるいは平滑化した階段関数を用いてスペクトルを表すことに相当しており、実際の音声のスペクトルの良い表 現ではない。本報告では、AR model によるスペクトル等化と逆変換を処理の前後に配置する構成を提案する。 
(英) We propose a method to calculate the spectral envelope of voiced sounds for VOCODER applications. In our previous technical report, we proposed two algorithms to calculate interference-free power spectra of periodic signals. This set of algorithms is our fourth reinvention of interference-free power spectral representations for legacy-STRAIGHT, TANDEM-STRAIGHT, and CheapTrick, 20, 10, and three years ago, respectively. The first method directly calculates the interference-free spectrogram using the one-stage procedure. The next method calculates an interference-free power spectrum in the time domain in the first stage. In the next stage, a fo adaptive procedure using moving averaging in the frequency domain removes the interference in the frequency domain. These two methods are using sinc function and smoothed rectangular function for representing spectral envelope and are not consistent with the transfer function of the vocal tract. We introduce a pre-processing and post-processing pipeline based on the autoregressive spectral model to alleviate this inconsistency.
キーワード (和) 音声分析 / 周期信号 / 時間周波数表現 / 窓関数 / 余弦級数 / スプライン / 自己回帰モデル /  
(英) speech analysis / periodic signals / time-frequency representation / windowing function / cosine series / spline / autoregressive model /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 149, EA2018-23, pp. 135-140, 2018年7月.
資料番号 EA2018-23 
発行日 2018-07-17 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA ASJ-H ASJ-AA  
開催期間 2018-07-24 - 2018-07-25 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-07-EA-H-AA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期信号の静的表現のVOCODERへの応用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference-free power spectral representations of periodic sounds and their application to VOCODERs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声分析 / speech analysis  
キーワード(2)(和/英) 周期信号 / periodic signals  
キーワード(3)(和/英) 時間周波数表現 / time-frequency representation  
キーワード(4)(和/英) 窓関数 / windowing function  
キーワード(5)(和/英) 余弦級数 / cosine series  
キーワード(6)(和/英) スプライン / spline  
キーワード(7)(和/英) 自己回帰モデル / autoregressive model  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) フア カンル / Kanru Hua / フア カンル
第3著者 所属(和/英) イリノイ大学 (略称: イリノイ大)
University of Illinois (略称: Univ. Illinois)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-25 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-23 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会