お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-25 09:55
現実的な結託者数のもとで最もシェア長の短いロバスト秘密分散法
渡邉洋平電通大)・大原一真電通大/NEC)・岩本 貢太田和夫電通大ISEC2018-13 SITE2018-5 HWS2018-10 ICSS2018-16 EMM2018-12
抄録 (和) 事前に決められた閾値以下のシェアが改ざんされたとしても (小さい確率を除いて) 元のメッセージを復元することができる秘密分散法を,ロバスト秘密分散法と呼ぶ.
EUROCRYPT 2012において,Cevallos,Fehr,Ostrovsky,Rabani (CFOR) によりメッセージ長を除いた余剰シェア長が$O(kappa + n)$である方式が提案された ($kappa$はセキュリティパラメータ,$n$はプレイヤー数).本稿では,CFOR方式の安全性証明における誤りを指摘し,素朴に修正した場合はシェア長が$O(kappa+n^2)$となることを示す.更には,CFOR方式に対して新たな証明を与え,$O(kappa+n)$のシェア長を達成できることを示す.漸近的にはCFOR方式より効率的な方式が存在するものの、実際のパラメータで考えると、数億人規模のシステムを考えたとしても、我々の結果が最も効率的であることも併せて示す. 
(英) Robust secret sharing is secret sharing with the following robustness property: An original message can be recovered even if the (predetermined) number of shares are maliciously modified. At EUROCRYPT 2012, Cevallos, Fehr, Ostrovsky, and Rabani (CFOR) proposed a robust secret sharing scheme secure against maximal corruption, and estimated that $O(kappa + n)$ bits of a share size are required for the scheme, where $kappa$ is a security parameter and $n$ is the number of players. In this paper, we first unveil a flaw in the original security proof, and show how to fix it. Unfortunately, the fixed proof gives $O(kappa + n^2)$ bits of a share size, which is definitely larger than originally estimated. We then give a new proof by improving Cevallos et al.'s approach, and show that the CFOR scheme actually achieves $O(kappa +n)$ bits of a share size. Although a more efficient scheme exists in an asymptotic sense, the share size estimated in this paper is the most efficient among all existing schemes in the sense of concrete parameters, even if we consider a robust secret sharing scheme where billions of players participate.
キーワード (和) ロバスト秘密分散法 / 最大結託 / 安全性解析 / / / / /  
(英) Robust secret sharing / Maximal corruption / Security analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 151, ISEC2018-13, pp. 1-8, 2018年7月.
資料番号 ISEC2018-13 
発行日 2018-07-18 (ISEC, SITE, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2018-13 SITE2018-5 HWS2018-10 ICSS2018-16 EMM2018-12

研究会情報
研究会 HWS ISEC SITE ICSS EMM IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2018-07-25 - 2018-07-26 
開催地(和) 札幌コンベンションセンター 
開催地(英) Sapporo Convention Center 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2018-07-HWS-ISEC-SITE-ICSS-EMM-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 現実的な結託者数のもとで最もシェア長の短いロバスト秘密分散法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Truly Efficient Robust Secret Sharing for the Real World 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロバスト秘密分散法 / Robust secret sharing  
キーワード(2)(和/英) 最大結託 / Maximal corruption  
キーワード(3)(和/英) 安全性解析 / Security analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 洋平 / Yohei Watanabe / ワタナベ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大原 一真 / Kazuma Ohara / オオハラ カズマ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学/NEC (略称: 電通大/NEC)
The University of Electro-Communications/NEC Corporation (略称: UEC/NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 貢 / Mitsugu Iwamoto / イワモト ミツグ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 和夫 / Kazuo Ohta / オオタ カズオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-25 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2018-13,IEICE-SITE2018-5,IEICE-HWS2018-10,IEICE-ICSS2018-16,IEICE-EMM2018-12 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.151(ISEC), no.152(SITE), no.153(HWS), no.154(ICSS), no.155(EMM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2018-07-18,IEICE-SITE-2018-07-18,IEICE-HWS-2018-07-18,IEICE-ICSS-2018-07-18,IEICE-EMM-2018-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会