電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-24 10:55
積雪量、降雪量、雪質各要因が音声了解度に与える影響度の基礎検討
柴田崇斗近藤和弘山形大EA2018-2
抄録 (和) 音は雪によって音響特性が変わることがわかっている. しかし, 音声に対しての特性は明確にはわかっておらず, 災害時などで用いられる防災無線などへの影響が考えられる. 本研究の目的は, 積雪量や降雪量, 密度によって音声了解度にどのように影響を与えるのかを明確にすることである. 本研究では, 実際に積雪, 降雪時に屋外でのインパルス応答測定を行い, 伝達特性を取得し, 音声に畳み込み, 積雪降雪時の音声を模擬する. その音声を用いて, 日本語音声了解度試験を行い, それぞれの影響を多変量解析によって明らかにする. 結果として, 降雪量, 密度によって影響があり, 測定距離が大きいほど降雪量の影響が大きくなることが分かった. 
(英) Sound is known to be altered in some manner by the acoustic characteristics of snow. However, the specific characteristics of snow which actually affects the acoustical transfer characteristics is not clearly understood. This transfer characteristics will be crucial in disaster prevention radio broadcasting systems that warns citizens working outdoors of potential natural disasters during the winter in regions with heavy snow. These systems use extremely high-output horn speakers to convey the warning messages to a large area. Accordingly, the purpose of this research is to clarify how the speech intelligibility will be influenced by the amount of snowfall, its accumulation, and the snow density. In this research, impulse response measurement outdoors is actually carried out during snowfall. We measured and compiled the transfer characteristics under several snow conditions, convolved these with test speech in order to simulate the transmitted speech quality during snow. We conducted a Japanese speech intelligibility test using these speech samples, and clarify the effect of each snow quality measure using multivariate analysis. As a result, it was found that although there is some influence of the amount of snowfall and density, the influence of the amount of snowfall becomes dominant as the distance between the loudspeaker and the listener (microphone) becomes large.
キーワード (和) 音声了解度 / インパルス応答 / / 音響特性 / / / /  
(英) Speech Intelligibility / Impluse Response / Snow / Acoustic characteristic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 149, EA2018-2, pp. 7-12, 2018年7月.
資料番号 EA2018-2 
発行日 2018-07-17 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2018-2

研究会情報
研究会 EA ASJ-H ASJ-AA  
開催期間 2018-07-24 - 2018-07-25 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-07-EA-H-AA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 積雪量、降雪量、雪質各要因が音声了解度に与える影響度の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the comparative effect of snowfall, accumulation, and density on speech intelligibility 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声了解度 / Speech Intelligibility  
キーワード(2)(和/英) インパルス応答 / Impluse Response  
キーワード(3)(和/英) / Snow  
キーワード(4)(和/英) 音響特性 / Acoustic characteristic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 崇斗 / Shuto Shibata / シバタ シュウト
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 和弘 / Kazuhiro Kondo / コンドウ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-24 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-2 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会