電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 09:45
スリットを設けた折返し逆L形アンテナの広帯域化
大崎郁弥野口啓介牧野 滋廣田哲夫伊東健治金沢工大AP2018-59
抄録 (和) スリットを設けることにより小型化した折返し逆L形アンテナ(FILA) を扱い,その広帯域化について検討し,小型化の評価を行っている.ここでのFILA は2 つのストリップ導体で構成し,その先端部は開放としている.ストリップ導体にはスリットを設け小型化を図るとともに,電流経路長を約0.5 波長にすることで広帯域特性を得ている.放射インピーダンスを評価するために,2 導体を同相で給電し,共振周波数,放射抵抗およびQ 値を算出する.その結果をもとに,スリット本数6 本の場合について広帯域化を行い,そのインピーダンス特性,放射特性を解析する.同相給電の場合と,折返し給電によって広帯域化した場合について,帯域と放射効率との積 (Bη積)を求め,小型化の評価を行う.結果としてka=0.53 の場合に同相給電に比べ広帯域化したFILA のBη積は41%の改善が得られた. 
(英) A compact folded inverted-L antenna (FILA) with slits are studied to obtain broadband characteristics.
The FILA consists of two strips that the terminals are open-circuited.
The strips have several slits for miniaturization.
Current path length of 0.5 wavelengths is provided between feed point and open-terminated for broadbanding.
In order to evaluate radiation impedance, simultaneous feeding with the two conductors are modeled, and resonant frequency, radiation resistance and quality factor are calculated.
Based on the results, a broadband FILA with six slits are designed.
Then impedance and radiation characteristics of the FILA are simulated and measured.
Evaluation of miniaturization for the FILA is conducted by using a product of bandwidth and radiation efficiency (Bη product) compared with those of simultaneous feeding models.
As results, we obtained 41% improvement of the Bη product for ka = 0.53 compared with Bη of the simultaneous feeding models.
キーワード (和) 折返し構造 / 逆L形アンテナ / 小型化 / 広帯域化 / 理論限界値 / / /  
(英) Folded structure / inverted-L antenna / miniaturization / broadbanding / theoretical limit / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 134, AP2018-59, pp. 101-106, 2018年7月.
資料番号 AP2018-59 
発行日 2018-07-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-59

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2018-07-18 - 2018-07-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スリットを設けた折返し逆L形アンテナの広帯域化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadbanding of a Folded Inverted-L Antenna with slits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 折返し構造 / Folded structure  
キーワード(2)(和/英) 逆L形アンテナ / inverted-L antenna  
キーワード(3)(和/英) 小型化 / miniaturization  
キーワード(4)(和/英) 広帯域化 / broadbanding  
キーワード(5)(和/英) 理論限界値 / theoretical limit  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 郁弥 / Fumiya Osaki / オオサキ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 哲夫 / Tetsuo Hirota / ヒロタ テツオ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健治 / Kenji Itoh / イトウ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-59 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.134 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会