お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 15:40
Ka帯移動体衛星通信における8都市の遮蔽率比較
鄭 炳表菅 智茂高橋 卓豊嶋守生久利敏明NICTAP2018-64 SAT2018-25
抄録 (和) NICTでは,移動中においても通信が可能なKa帯移動体を開発し,運用している.一方,都心部においては建物等のような遮蔽物の影響をうけ,通信不可能なエリアが生じる.可能であれば事前に遮蔽エリアを計算しておき,地球局運用の際にその結果を反映させることが望ましい.そこで,仙台市の分析を基に,日本の8都市(札幌市,東京23区,横浜市,名古屋市,京都市,大阪市,神戸市,福岡市)におけるKa帯の遮蔽率をGISを用いて分析した.本稿では,その結果について,報告する. 
(英) National Institute of Information and Communications Technology (NICT) developed a mobile earth station for Ka-band, that can communicate while in moving. In the urban area, however, the mobile earth station cannot be communicated with satellite due to buildings, etc. If possible, pre-shadowing area previously calculated, it is desirable to reflect the results when the earth station operation. Therefore, we estimated the shadowing ratio of Ka band in 8 major cities using GIS based on Sendai analysis result. In this paper, we report the provisional results.
キーワード (和) Ka帯移動体 / 遮蔽エリア / 地理情報システム / デシタル標高データ / 8都市 / / /  
(英) Ka-band Mobile Satellite Communication / Shadowing area / Geographic information system / Digital Elevation Model / 8 Major Cities / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 136, SAT2018-25, pp. 83-87, 2018年7月.
資料番号 SAT2018-25 
発行日 2018-07-11 (AP, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-64 SAT2018-25

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2018-07-18 - 2018-07-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2018-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ka帯移動体衛星通信における8都市の遮蔽率比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of shadowing ratio of Ka-band mobile satellite communication in 8 major cities, Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ka帯移動体 / Ka-band Mobile Satellite Communication  
キーワード(2)(和/英) 遮蔽エリア / Shadowing area  
キーワード(3)(和/英) 地理情報システム / Geographic information system  
キーワード(4)(和/英) デシタル標高データ / Digital Elevation Model  
キーワード(5)(和/英) 8都市 / 8 Major Cities  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 炳表 / Byeong-pyo Jeong / ジョン ビョンピョ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 智茂 / Tomoshige Kan / カン トモシゲ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 卓 / Takashi Takahashi / タカハシ タカシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久利 敏明 / Toshiaki Kuri / クリ トシアキ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-AP2018-64,IEICE-SAT2018-25 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.134(AP), no.136(SAT) 
ページ範囲 pp.131-135(AP), pp.83-87(SAT) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-07-11,IEICE-SAT-2018-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会