電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 14:20
f-ダイバージェンスの部分クラスと情報源Resolvability
野村 亮専修大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報源Resolvability問題とは,任意に与えられた情報源に対して,可能な限り小さなサイズの一様乱数を用いてその情報源を近似する問題である.この問題に対し,様々な近似誤差尺度のもとで一様乱数の最適レートに関する研究が行われている.代表的な近似誤差尺度として,変動距離やKullback-Leibler(KL)情報量などがある.一方,確率分布間の距離尺度としてはより一般的なf-ダイバージェンスが提案されており,変動距離やKL情報量はf-ダイバージェンスの一つと考えることができる.本稿では,f-ダイバージェンスの部分クラスを近似誤差尺度とした際のResolvability問題を考え,f-ダイバージェンスが漸近的に与えられた定数以下になるという条件の下での一様乱数の最適レートを導出する.なお,本稿で考えるf-ダイバージェンスの部分クラスはKL情報量や変動距離を含んでおり,本稿の結果からこれらに関する従来結果を導くことができる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 一般情報源 / 乱数生成問題 / f-ダイバージェンス / Resolvability問題 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 139, IT2018-25, pp. 73-78, 2018年7月.
資料番号 IT2018-25 
発行日 2018-07-12 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2018-07-19 - 2018-07-20 
開催地(和) やまと会議室 
開催地(英) Yamato Kaigishitsu 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) f-ダイバージェンスの部分クラスと情報源Resolvability 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Source resolvability with respect to a subclass of f-divergence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一般情報源 /  
キーワード(2)(和/英) 乱数生成問題 /  
キーワード(3)(和/英) f-ダイバージェンス /  
キーワード(4)(和/英) Resolvability問題 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 亮 / Ryo Nomura / ノムラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 専修大学 (略称: 専修大)
Senshu University (略称: Senshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-25 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会