電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 14:45
自動運転用の量子及び古典レーダーカメラと霧の効果-3 ~ Tatarskii理論へのWiner展開の応用 ~
廣田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2017年の情報理論とその応用シンポジュームと2018年3月の情報理論研究会において、自動運転用のセンサーにおいて最も重要な課題である霧の効果を通信理論的に扱うフレームワークを報告した。本稿は、その第3弾として、量子及び古典レーダーカメラにおける圧縮センシングを含む画像処理過程で必要となる光波の伝搬特性、特に相互コヒーレンス関数の導出の方法論を議論する。本方法論では、自動車環境における大気や霧の動的な性質をWiener過程を基盤としてモデル化し、それらによる光波の擾乱の統計的性質を導出する理論の構築を試みる。 
(英) In 40th SITA and IT workshop at March 2018, we have given the theoretical framework to describe communication channel model for the effect of dynamic turbulence and fog, which is the most important subject to sensors of self driving car.
As the part 3 of this research, this paper presents a mathematical analysis for derivation of mutual coherence function which provides the propagation property of signal light. This plays an essential role in the computation for image processing including the compressive sensing technology. The theoretical framework for analyzing the dynamic turbulence is modeled based on Wiener theory.
キーワード (和) 自動運転 / 量子センサー / 動的乱流 / 圧縮センシング / / / /  
(英) Self driving car / Quantum sensor / Dynamic turbulence / Compressive sensing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 139, IT2018-26, pp. 79-84, 2018年7月.
資料番号 IT2018-26 
発行日 2018-07-12 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2018-07-19 - 2018-07-20 
開催地(和) やまと会議室 
開催地(英) Yamato Kaigishitsu 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転用の量子及び古典レーダーカメラと霧の効果-3 
サブタイトル(和) Tatarskii理論へのWiner展開の応用 
タイトル(英) Quantum & Classical Radar Camera for Automotive and Effect of Fog-3 
サブタイトル(英) Application of Winer expansion to Tatarskii theory 
キーワード(1)(和/英) 自動運転 / Self driving car  
キーワード(2)(和/英) 量子センサー / Quantum sensor  
キーワード(3)(和/英) 動的乱流 / Dynamic turbulence  
キーワード(4)(和/英) 圧縮センシング / Compressive sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-26 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会