電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 11:10
微小ダイポールアンテナによる液体中電界強度距離特性較正法の改良
石井 望新潟大)・チャカロタイ ジェドウィスノプ和氣加奈子浜田リラ渡辺聡一NICTAP2018-62 SANE2018-26 SAT2018-21
抄録 (和) これまで著者らは,MHz帯における比吸収率測定用電界プローブの較正の原理式として,電力伝送公式を利用して,2アンテナ法により標準ダイポールアンテナの送信アンテナ係数を距離の関数として決定することで,標準ダイポールアンテナが液体中に発する平均電界強度の距離特性を推定することを提案した.本稿では,SAR測定用プローブの較正係数を評価する上で必要となる精度を確保するため,近似を含めない形で再定式化を試みた.モーメント法により,実験室に設置可能な水槽内でプローブ較正が可能となる標準ダイポールアンテナの長さを決定する.実際にプローブ較正系を構築し,送信アンテナ係数が計算値と実験値で一致することから,著者らが提案しているMHz帯でのプローブ較正系の妥当性を示す.さらに,実際のプローブの較正係数の算出事例を提示する. 
(英) The authors have determined the transmit antenna factor of a reference dipole antenna as a function of the distance by the two-antenna method, using the power transmission formula as the principle of calibration of the electric field probe for measuring the specific absorption rate in the MHz band. The authors propose to estimate the distance property of the average electric field intensity produced by the reference dipole antenna in the liquid. In order to keep the accuracy required for evaluating the conversion factor of the SAR probe, we modify our formulation. Using the method of moments, we determine the desirable length of the reference dipole antenna that enables probe calibration in a container installed in a laboratory. Calculated and estimated transmit antenna factor have a good agreement with each other so that we can confirm the validity of our probe calibration system in the MHz band. In addition, an example of estimating the conversion factor of an SAR probe is presented.
キーワード (和) SAR測定 / プローブ較正 / ダイポール / 送信アンテナ係数 / 液体 / MHz帯 / 平均電界強度 /  
(英) SAR assessment, / probe calibration / dipole / transmit antenna factor / solution / MHz band / average electric field intensity /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 134, AP2018-62, pp. 119-124, 2018年7月.
資料番号 AP2018-62 
発行日 2018-07-11 (AP, SANE, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-62 SANE2018-26 SAT2018-21

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2018-07-18 - 2018-07-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微小ダイポールアンテナによる液体中電界強度距離特性較正法の改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modified Calibration Technique of Distance Property for Electric Field Intensity Radiated by Small Dipole Antenna Operated in Solution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAR測定 / SAR assessment,  
キーワード(2)(和/英) プローブ較正 / probe calibration  
キーワード(3)(和/英) ダイポール / dipole  
キーワード(4)(和/英) 送信アンテナ係数 / transmit antenna factor  
キーワード(5)(和/英) 液体 / solution  
キーワード(6)(和/英) MHz帯 / MHz band  
キーワード(7)(和/英) 平均電界強度 / average electric field intensity  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドウィスノプ / Chakarothai Jerdvisanop / チャカロタイ ジェドウィスノプ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 加奈子 / Kanako Wake / ワケ カナコ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜田 リラ / Lira Hamada / ハマダ リラ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-62,IEICE-SANE2018-26,IEICE-SAT2018-21 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.134(AP), no.135(SANE), no.136(SAT) 
ページ範囲 pp.119-124(AP), pp.25-30(SANE), pp.61-66(SAT) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-07-11,IEICE-SANE-2018-07-11,IEICE-SAT-2018-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会