電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-19 16:20
不均一コストに対する2元AIFV符号の簡易構成法
吉田崇裕東大)・山本博資明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 符号シンボル0と1のコストが等しい場合,2つの符号木を用いるAIFV符号が1つの符号木を用いるハフマン符号より平均符号長を小さくできることが知られている.また,最適ではないが,ハフマン符号より平均符号長が短いAIFV符号の符号木を,ハフマン符号木から簡単に構成する簡易構成法が知られている.これに対し,本稿では,符号シンボル0と1のコストが異なる場合のAIFV符号化を考え,1つの符号木で構成された不均一コスト用符号木から,AIFV符号の2つの符号木$(T_0, T_1)$を構成する簡易構成法を提案する. 通常のAIFV符号木では,マスター節点はその孫と符号シンボル00で結ばれるが, それに加えて01, 10, 11で結ばれる場合を考え,それらの場合の互いの得失を明らかにする. 
(英) In the case that the costs of letters (code symbols) 0 and 1 are equal, it is known that the AIFV code with two code trees $T_0$ and $T_1$ can attain better compression rate than the Huffman code with a single code tree $T_{rm H}$. Furthermore, if we use the so-called easy construction of an AIFV code, the code trees $T_0$ and $T_1$ can be easily constructed from Huffman code tree $T_{rm H}$. Although the obtained AIFV code is not optimal generally, it can usually attain better compression rate than the Huffman code. In this paper, we treat AIFV coding and propose easy construction algorithms of AIFV codes for unequal letter costs. In ordinary AIFV code trees, a master node is connected to its grandchild by code symbols `00'. But, we consider the cases that a master node is connected to its grandchild by `01', `10', `11' in addition to `00', and we clarify the merits and demerits for their cases.
キーワード (和) 符号シンボルコスト / AIFV符号 / 情報源符号化 / データ圧縮 / / / /  
(英) letter costs / AIFV code / source coding / data compression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 139, IT2018-18, pp. 31-36, 2018年7月.
資料番号 IT2018-18 
発行日 2018-07-12 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2018-07-19 - 2018-07-20 
開催地(和) やまと会議室 
開催地(英) Yamato Kaigishitsu 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不均一コストに対する2元AIFV符号の簡易構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Easy Construction of Binary AIFV Codes for Unequal Letter Costs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 符号シンボルコスト / letter costs  
キーワード(2)(和/英) AIFV符号 / AIFV code  
キーワード(3)(和/英) 情報源符号化 / source coding  
キーワード(4)(和/英) データ圧縮 / data compression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 崇裕 / Takahiro Yoshida / ヨシダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 博資 / Hirosuke Yamamoto / ヤマモト ヒロスケ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-19 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-18 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会