電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-19 10:35
光アンテナを用いた広帯域赤外屈折率測定法の提案
各務 響雨宮智宏増田佳祐西山伸彦荒井滋久東工大EMT2018-21 MW2018-36 OPE2018-24 EST2018-19 MWP2018-20
抄録 (和) 「赤外屈折率」はinfrared photonicsをはじめとした様々な分野に必須のパラメータであるが、現在までに中近赤外領域における精度の高い屈折率測定法は存在しない。本研究では、プラズモン光アンテナを用いて、微少量の液状サンプルの複素屈折率を広帯域(2 - 10 μm程度)に測定する手法を考案した。この測定手法は、光アンテナの形状に精度が大きく左右されるため、適切なアンテナ構造を考案することが最重要となる。今回、光アンテナとして「非対称の棒状アンテナペア」を導入することで、本手法の精度が <1.7×10-2 まで向上することを示した。 
(英) ‘Infrared refractive index’ is an indispensable parameter for various fields including infrared photonics. However, to date, there has been no method for measuring complex refractive index with high accuracy from near- to mid-infrared regions. Here we propose and demonstrate a plasmonic optical antenna method which can detect broadband and high-precision complex refractive index using just a single drop of liquid. In this method, measurement accuracy is highly dependent on the shape of the optical antenna, so it is essential to design an appropriate antenna structure. We showed that the accuracy of this method improves to < 1.7×10-2 by introducing asymmetric paired bar as an optical antenna.
キーワード (和) 光アンテナ / 赤外屈折率測定法 / 顕微分光 / / / / /  
(英) Optical antenna / Infrared refractive index measurement / microscope FTIR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 143, OPE2018-24, pp. 77-82, 2018年7月.
資料番号 OPE2018-24 
発行日 2018-07-12 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2018-21 MW2018-36 OPE2018-24 EST2018-19 MWP2018-20

研究会情報
研究会 EST MW OPE MWP EMT IEE-EMT THz  
開催期間 2018-07-19 - 2018-07-20 
開催地(和) 洞爺観光ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2018-07-EST-MW-OPE-MWP-EMT-EMT-THz 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光アンテナを用いた広帯域赤外屈折率測定法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High precision infrared refractive index measurement using Nano-antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光アンテナ / Optical antenna  
キーワード(2)(和/英) 赤外屈折率測定法 / Infrared refractive index measurement  
キーワード(3)(和/英) 顕微分光 / microscope FTIR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 各務 響 / Hibiki Kagami / カガミ ヒビキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨宮 智宏 / Tomohiro Amemiya / アメミヤ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 佳祐 / Keisuke Masuda / マスダ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 伸彦 / Nobuhiko Nishiyama / ニシヤマ ノブヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 滋久 / Shigehisa Arai / アライ シゲヒサ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Insutitute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-19 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-EMT2018-21,IEICE-MW2018-36,IEICE-OPE2018-24,IEICE-EST2018-19,IEICE-MWP2018-20 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.141(EMT), no.142(MW), no.143(OPE), no.144(EST), no.145(MWP) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMT-2018-07-12,IEICE-MW-2018-07-12,IEICE-OPE-2018-07-12,IEICE-EST-2018-07-12,IEICE-MWP-2018-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会