電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-19 14:05
系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密解析
富塚 将岩永 陸岡 育生阿多信吾阪市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密な解析法を提案する.提案手法では,正しい状態と誤り状態を誤り重みを用いて表すことで系列ごとにトレリスを記述し,それぞれで誤り状態のパスメトリックの確率密度関数を保存する.送信系列トレリスにおいて,合流する2つの系列のパスメトリックの確率密度関数を平均化する.これを繰り返すことで,全ての系列について平均したパスメトリックの確率密度関数を導出し,平均ビット誤り率を求める.本稿では,系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密な解析法を提案する.提案手法では,正しい状態と誤り状態を誤り重みを用いて表すことで系列ごとにトレリスを記述し,それぞれで誤り状態のパスメトリックの確率密度関数を保存する.送信系列トレリスにおいて,合流する2つの系列のパスメトリックの確率密度関数を平均化する.これを繰り返すことで,全ての系列について平均したパスメトリックの確率密度関数を導出し,平均ビット誤り率を求める. 
(英) In this paper, an exact analysis is presented for bit error probability of Viterbi decoding in sequence dependent channels. In the proposed method, the trellis is expressed by error weight states, and the probability density function (pdf) of path metric is preserved. In a transmit sequence trellis, the pdf of merging path are averaged. By this iteration, the pdf of path metric averaged over all sequences is derived, and an average bit error probability is obtained.
キーワード (和) ビタビ復号 / 誤り率 / 厳密解析 / 系列依存性通信路 / / / /  
(英) Viterbi decoding / bit error probability / exact analysis / sequence dependent channels / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 139, IT2018-13, pp. 5-10, 2018年7月.
資料番号 IT2018-13 
発行日 2018-07-12 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2018-07-19 - 2018-07-20 
開催地(和) やまと会議室 
開催地(英) Yamato Kaigishitsu 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Exact Analysis for Error Probability of Viterbi Decoding in Sequence Dependent Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビタビ復号 / Viterbi decoding  
キーワード(2)(和/英) 誤り率 / bit error probability  
キーワード(3)(和/英) 厳密解析 / exact analysis  
キーワード(4)(和/英) 系列依存性通信路 / sequence dependent channels  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富塚 将 / Tadashi Tomizuka / トミヅカ タダシ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩永 陸 / Riku Iwanaga / イワナガ リク
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 育生 / Ikuo Oka / オカ イクオ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-19 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-13 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会