電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-18 09:40
類似するコーディングパターンの利用状況調査ツールの提案
小笠原康貴神田哲也井上克郎阪大
抄録 (和) コーディングパターンとは,ソースコード中に頻出する定型的なコード片のことである.コーディングパターンを調査し再利用することは,開発作業を円滑に進めるための重要な作業である.しかしながら,コーディングパターンは多様化する傾向にあり,再利用者にとって適切なパターンを選択することが困難になっている.そのため,ソフトウェア中に類似するコーディングパターンがどの程度存在するのか,どの程度の割合で利用されているかを把握できることが好ましい.本研究では,検索クエリに複数の検索ワードを記述し,各検索ワードに一致するか一致しないかによりコードブロックを分別する検索を提する.Javaで書かれたオープンソースソフトウェアに対して提案手法を適用した結果,類似するコーディングパターンを含むコードブロックを分別して提示した上で,それぞれの利用割合を確認することができた. 
(英) Coding pattern is a code snippet that appears repeatedly in source code. Reusing coding pattern helps software developers. Therefore, it is imprtant for develpers to understand how similar coding patterns are used in software. We propose a search method that classifies code blocks according to the matching with multiple search words. In the case study, we confirmed that our approach can classify similar coding patterns and show the frequency of use for each pattern.
キーワード (和) コーディングパターン / コード検索 / / / / / /  
(英) coding pattern / code search / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 137, SS2018-1, pp. 1-6, 2018年7月.
資料番号 SS2018-1 
発行日 2018-07-11 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE SS IPSJ-SE  
開催期間 2018-07-18 - 2018-07-20 
開催地(和) 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 
開催地(英)  
テーマ(和) 知能ソフトウェア工学全般/ソフトウェアサイエンス全般/ソフトウェア工学全般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-07-KBSE-SS-SE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 類似するコーディングパターンの利用状況調査ツールの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a usage investigation tool of similar coding pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コーディングパターン / coding pattern  
キーワード(2)(和/英) コード検索 / code search  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 康貴 / Koki Ogasawara / オガサワラ コウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神田 哲也 / Tetsuya Kanda / カンダ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 克郎 / Katsuro Inoue / イノウエ カツロウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-18 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-1,IEICE-KBSE2018-11 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.137(SS), no.138(KBSE) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2018-07-11,IEICE-KBSE-2018-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会