電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-13 14:00
p-persistent CSMAを用いたウェイクアップ受信機適用無線センサネットワークにおけるデータ収集特性理論解析
白石順哉四方博之関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) WSN (Wireless Sensor Network) の課題であるセンサノードの省電力化を実現する方法として、センサノードにウェイクアップ受信機を適用したオンデマンド型WSNが提案されている。本稿では、オンデマンド型WSNにおいて各センサノードが1つずつ送信すべきセンシングデータ (パケット)を保有するOSD (One-Shot-Data) モデルに注目する。そして、シンクノードがセンサノードの観測値の上位k番目までのデータを収集する top-k データ収集について考える。適用ウェイクアップ法としては、IDに基づくブロードキャストウェイクアップ方式、ユニキャ ストウェイクアップ方式に加え、観測情報に基づいてウェイクアップ制御を行うコンテンツベースウェイクアップ方式を想定する。本稿では、データ送信の為のMACプロトコルとして p-persistent CSMA を用いる場合の各ウェイクアップ制御に基づくデータ収集遅延およびエネルギー消費量に関する理論式の導出を行い、導出した理論式を用いて各ウェイクアップ制御法の特性解析を行う。 
(英) In order to achieve high energy-efficiency of wireless sensor networks (WSNs), on-demand WSN has been proposed, where a wake-up receiver is applied to each sensor node. In this paper, we focus on One-Shot Data (OSD) model, where each sensor node has a single sensing data to transmit to a sink node. Then, we consider top-k data collection, where the sink attempts to collect information on the set of nodes that own top-k observations of sensing data. As wake-up control, we apply identity-based unicast and broadcast wakeup and contents-based wakeup that conducts wake-up control based on the observed contents.
In this paper, we theoretically analyze data collection delay and energy-efficiency of each wake-up control when we employ p-persistent CSMA as a MAC protocol, and investigate the effectiveness of each wake-up control with obtained numerical results.
キーワード (和) WSN / ウェイクアップ受信機 / ウェイクアップ制御 / p-persistent CSMA / / / /  
(英) WSN / Wake-Up Receiver / Wake-up Control / p-persistent CSMA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 127, ASN2018-48, pp. 147-152, 2018年7月.
資料番号 ASN2018-48 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) p-persistent CSMAを用いたウェイクアップ受信機適用無線センサネットワークにおけるデータ収集特性理論解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Analysis of Data Collection Performance of p-persistent CSMA-based Wireless Sensor Networks employing Wake-up Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WSN / WSN  
キーワード(2)(和/英) ウェイクアップ受信機 / Wake-Up Receiver  
キーワード(3)(和/英) ウェイクアップ制御 / Wake-up Control  
キーワード(4)(和/英) p-persistent CSMA / p-persistent CSMA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 順哉 / Junya Shiraishi / シライシ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-13 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-RCC2018-54,IEICE-NS2018-78,IEICE-RCS2018-123,IEICE-SR2018-54,IEICE-ASN2018-48 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.131-136(RCC), pp.205-210(NS), pp.213-218(RCS), pp.159-164(SR), pp.147-152(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2018-07-04,IEICE-NS-2018-07-04,IEICE-RCS-2018-07-04,IEICE-SR-2018-07-04,IEICE-ASN-2018-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会